ヤングジャンプコミックスDIGITAL<br> 怪談百物語 新耳袋 第一夜 幽霊屋敷と呼ばれる家

個数:1
紙書籍版価格 ¥680
  • Kinoppy
  • Reader

ヤングジャンプコミックスDIGITAL
怪談百物語 新耳袋 第一夜 幽霊屋敷と呼ばれる家

  • ISBN:9784834231953

ファイル: /

内容説明

N県にあるその家は、建て替えても建て替えても幽霊屋敷と化してしまう家だった…。原作では語られなかった“この地で起きた最初の怪異”がコミック版で初めて明らかに! ベストセラー現代怪談集『新耳袋』のコミックシリーズ、ここに堂々のスタート。表題作のほか「約束」「アヒル」「見捨てられた」など、全9編を収録。 【コミック版監修:木原浩勝】

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

澤水月

27
のちに第五夜でくだん系描く萩原玲二狙い。絵力ある。あとはプールとアヒルの話が絵も含め印象深い2015/09/05

ぐりとぐら

15
表題作「幽霊屋敷と呼ばれる家」は、無気味でおもしろかった。他も、無気味でおもしろい話ばかりだが、マンガの描き手によって、迫力が不足していたり、絵が不気味なのに、起こっていることが分かりにくかったりと、ややばらつきを感じた。2017/06/11

小夜風

7
【所蔵】新耳袋のコミック化。全9話。9人の漫画家。好みじゃない絵もあるけど、それぞれの話に合ってる組み合わせだと思った。原作既読だけど、どれも覚えていなかった(笑)。それゆえ新鮮に読めました~。夏ですね…2013/07/23

じょり

4
夏なので買ってみた。見捨てられた先輩の話は調子乗りすぎだよなぁと思った。自業自得。城崎にてはいい話だった。2013/07/25

凪子

3
電子無料。やっぱり絵にすると怖さが違いますね。イメージしやすいのでとにかく怖い。一番怖いのは表題作かな。「見捨てられた」も面白い。2018/12/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6927468

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。