集英社コバルト文庫<br> 【特典番外編つき完全版】鳥籠の王女と教育係 恵みの環の花嫁

個数:1
紙書籍版価格 ¥586
  • Kinoppy
  • Reader

集英社コバルト文庫
【特典番外編つき完全版】鳥籠の王女と教育係 恵みの環の花嫁

  • ISBN:9784086016100

ファイル: /

内容説明

【特典番外編がタップリ!!】魔王の守護を失ったエリアルダと隣国ダキニアが、ついに開戦した! 魔法軍が主力であったエリアルダは危機に瀕していた。再び守護を得るためには、ゼルイークが魔王となるしかない。しかしそうなれば人の世に関わることが出来なくなる。国の守護か、エルレインとの未来か。岐路に立たされたゼルイークは、それでも魔王となる道を選ぶが――!? 恋と呪いのロマンティック・ファンタジー、堂々完結! 【電子版特典】ファンにとってはたまらない! 本編の後日談など、web上で公開されていた番外編を多数収録!! 【目次】鳥籠の王女と教育係 恵みの環の花嫁/番外編 姫将軍の結婚/番外編 緑のワルツ/番外編 運命の子/番外編 まくらの森の美女/番外編 嗚呼! 涙と笑いのカエル祭り/番外編 永遠と一日の恋人1~3/あとがき

目次

鳥籠の王女と教育係 恵みの環の花嫁
番外編 姫将軍の結婚
番外編 緑のワルツ
番外編 運命の子
番外編 まくらの森の美女
番外編 嗚呼! 涙と笑いのカエル祭り
番外編 永遠と一日の恋人1~3
あとがき

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しゃちおおかみ

8
良かった、頑張った二人が粘り勝ちして!。好きなシーンはいろいろあれど、まあまずは王孫殿下の「遅かったではないか」のあたりが一番かなあ。ほんとにすごいお人です。そしてイの王の、エルレインへの贈り物に秘めた力の大きさにとっても息子への愛も感じて、今巻はとても目に来た。何回も泣きそうになりました。10年で済んで良かったし最後は作者さん目論見通の「おとぎ話」的終わり方でしたが、二人のその先もちょっとでいいから知りたいわ~。シラルの結婚式、誰と、と描いてないのがすごい気になる。ジーニーとだったらそう書きそうなのに。2012/02/01

みかづき

5
終わった。意外と落ち着いた感じにいくのかなと思ったけれど、エルゼラスが「方法」を示したあたりからは切なさにじりじりしました。どちらかが孤独になるしかないなんて…。でもちょっとだけ予想外の、すごくいいなと思える物語の終わりでした。エルレインの求婚と、聖堂のシーンがお気に入り。あんなの見たらこの世界から離れられなくなるよね…! 本筋とは別に流れていた感じのオルフェリアのこととか、もっと詳しく見たかったなぁ。とりあえず「しあわせ日和」が出てきたことが、なんだかダナークと繋がっているなと思えて幸せでした。2012/02/01

栞奈

4
ハッピーエンドでよかったー!アレクセルとオルフェリアもハッピーエンド、エルレインとゼルイークもハッピーエンド!シラル様とジーニーがどうなったのかが気になる。イラストに惹かれて読んだシリーズだったけど、今ではイラストよりストーリーが好きになってた。イラストも好きですので最後のオルフェリアとエルレイン逆転イラストほんっと好き......2015/02/24

kanan

4
大団円でした。二人が同じ刻を歩める結末でよかった。殿下も幸せでよかった(いきなり転んだ感もありましたが)。結婚式のサプライズが大好きです。最後の挿絵が素敵。緑が表紙にいないと思ったらこんなところに。2012/03/11

ぽぽりん

4
うひゃ〜、怒涛の展開ですな。一山越えると次の困難がでーんと。そしてそれを乗り越えるとまた次が。一冊でまとまるかヒヤヒヤものw 作者あとがきのように「光に溢れたしあわせの予感のする」エンディングでホッとしました。誤植目立ったのが残念だけど。連続刊行はやっぱきついのかな。これでこの時代の人達は落ち着いたので、ダナーク村に戻って頂けないですかね〜。エルゼラスのその後も気になるし。ウーロン姫と絡ませながらいろいろ書けると思うんだけど。またコバルトアンケートに書こうかな?2012/02/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4559651

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。