角川ビーンズ文庫<br> 桜乙女と黒侯爵 双子姉妹の秘密

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader

角川ビーンズ文庫
桜乙女と黒侯爵 双子姉妹の秘密

  • ISBN:9784041021828

ファイル: /

内容説明

「たっぷり罵っていただこうか。お嬢様」名門華族・烏丸家の御曹司である京四郎と「特別な雇用関係」にある少女・有紗。そんな有紗に届いた恋文が、またもや事件の引き金に……? 大人気シリーズ、待望の第2巻!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひめありす@灯れ松明の火

64
シリーズの二冊目。前の巻は有紗が身分を隠したりおじさんからの重圧に悩んだり舞台も謎めいた洋館とどろどろのミステリーテイストでしたが、今回は町の中のお話だったので普段通りの有紗が見られて面白かったです。溌溂としていててきぱきしていてしっかり者のお姉さんなんですね。年下の子達に人気があるのもわかる気がします。そんな日常の話も読んでみたい。特にお家での卵焼きのエピソードが可愛い。話はどうやら本腰に入ったようで、最後のあれは何?どういう事?有紗はそれに気がついているの?桜って何?と疑問符だらけになってしまいました2017/03/25

ももたろう

56
男も女もみ~んな有紗が大好きなんだなぁ~!有紗、がんばりやで健気でかわいいから守ってあげたくなりますよね。何か暗くて大きなモノが有紗を狙っているのかもしれないけど、それと同じくらい守ろうとしている人がいるみたいです。「Sの契り」「お姉様」にドキドキ(^^)京四郎さん女ならいいのね。男なら有紗の気持ちに関係なく恋文を音読させた上に話しをつけにいっちゃう気まんまんなのに。京四郎さんが気持ちを抑えてる中でも有紗の髪や手、唇に…微かな触れ合いにめちゃくちゃときめきます。京四郎さんが今が一番幸せでよかったです。2015/10/24

皐月

50
魔術の謎や黒幕の存在が少しずつ明らかなって、相変わらず京四郎さんはかっこいいなぁ。ただ好意が駄々漏れなのに有紗には全く伝わってないのが残念。お兄ちゃんって京四郎さんじゃないの?有紗と京四郎の過去とは一体?有紗は一体何を忘れているのか?記憶を消したのは京四郎さんだと思ったんだけど。最後に出てきた書生の飛鳥井が二人と今後どう関わってくるのか気になる。「桜の書」を有紗は知ってるみたいだね。有紗の母と京四郎さんの会話は良い。2020/01/24

ダージリン

44
魔術色が濃くなり、京四郎の本業や過去の謎が小出しにわかってきましたね!有紗の家族も興味深いし(弟の玲弥くん可愛い)、怪盗まで登場~。京四郎が少しずつ過保護になっているのが良いです(笑)。次も楽しみにしてます♪2015/06/03

Piichan

42
展開が本格的になってきました。女学校の雰囲気がよく描かれていました。「裏新聞」は今風に言えばLINEやTwitterのようなものでしょうか。「裏新聞」のコンテンツは今から見ればすごくまともなのですが、作品のなかの世界の大人から見れば不健全なものに見えるようです。有紗の和服がすごくかわいらしかったです。2015/03/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9378495

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。