グラゼニ(14)

個数:1
紙書籍版価格 ¥671
  • Kinoppy
  • Reader

グラゼニ(14)

  • ISBN:9784063883275

ファイル: /

内容説明

リーグ優勝の立役者の一人と言ってもいい夏之介(なつのすけ)は契約更改で「1億」を狙う。だが、球団から提示された金額は6600万。再度提示された額にも納得できない夏之介に、代理人・ダーティ桜塚(さくらづか)は「ポスティング・システム」を駆け引き材料として使うよう、そそのかす!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hiro

58
神宮球場がフランチャイズであるスパイダースの中継ぎピッチャー凡田夏之介、高卒8年目26歳で年棒1800万円から始まったこの漫画、2600万円、3300万円と年々年棒はアップして、この14巻では1億円を目標に契約交渉が始まる。この野球漫画が変わっているのは、野球のシーンよりシーズンオフの契約更改の方が面白いというところだ。前巻から少しそんな匂いがしてきたが、大幅な年棒アップのために、夏之介は本当にメジャーに挑戦することになるのか。ユキちゃんとの恋の行方とあわせて、7月発売の15巻を楽しみに待つことにしよう。2014/04/24

山田太郎

32
野球やってるよりお金の話のほうが面白い。しかし、この作者GSが好きなのかな、チーム名が昔のGSのバンド名が多くないか、全部チーム名知らないけど。2017/09/27

トラキチ

21
シーズン中よりも契約更正の方が面白いのが本シリーズの特徴であり楽しませていただきました。球団の意向により主要五選手からもれた夏之助、本当に五人の上げ幅からすれば悔しいですよね。前年3300万→7900万の提示(三回目の交渉でですかね)。やはり納得がいかない、読者も納得がいかない。そこで出てきたのはダーティ桜塚、彼が出てくれば話は面白くなります。言ってることが的を射てるのでどうしてもその気になりますよね。果たしてトレードとなるのでしょうか、次巻が楽しみです。2018/09/02

読み人知らず

19
選手で商売、人身売買。こわいなー。親会社もそろばんはじくよねー。こわいこわい2015/08/13

ツバメマン★こち亀読破中

18
オフ・シーズンの契約更改。自分の活躍に見合った年俸を提示されない凡田夏之介は、なかなかサインをすることが出来ない。そんな折、凡田は交渉代理人であるダーティ桜塚(笑)と話す機会があり、“ポスティング”でメジャーへ、という手段もあることを教えられる!そして凡田は何度目かの契約交渉で遂に…。お金を出せないのは、球団のお財布事情もあるのですね。そうなると球団側の担当者は、優勝などした方が大変かもしれない。…ところでユキちゃんとの件はどうなった(笑)15巻へGO!2021/04/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8006366

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。