ガガガ文庫<br> GJ部中等部8

個数:1
紙書籍版価格 ¥628
  • Kinoppy
  • Reader

ガガガ文庫
GJ部中等部8

  • ISBN:9784094514612

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

アニメ「GJ部」続編も制作快調!

「わかんねー!」(by ケンケン)
「……なにがわからないの?」(by 霞)

いつもの放課後、いつもの広い部室。小手指さんが入部してますますにぎやかなGJ部中等部。部員を紹介する小冊子を作ってみたり、部の中で一番のゆるキャラを決める“ゆるキャラせんしゅけん”をしてみたり。今年の部室にはストーブがやってきて、部屋もみんなもぽっかぽか!
今日も中等部はいつもどおり! ゆるくてふわふわな☆☆☆な日常。

「GJ部」(1)~(4)巻は「京夜・高校1年生編」。(5)~(9)巻は「京夜・高校2年生編」。「GJ部◎」はアニメ化記念の特別編として「京夜の高校2年間+卒業旅行」を収録。
「GJ部中等部」(1)~(4)巻は「霞・中学2年生編」。(5)巻からは「霞・中学3年生編」を展開中!

四コマ小説。36話収録!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yobata

28
小手指さんが入部し賑やかになったGJ部中等部は冬を迎える。ストーブ様がやってくる中、メンバーの関係も進んでいく…。中等部最終巻。元祖は“卒業”を基本に“別れ”をテーマにノスタルジックな雰囲気で最終回を迎えたけど、中等部の最終回は“恋愛”がテーマ。ケンケン、肉まんとかお茶の時はかなり男に成長して、ついに霞とお試しながらも付き合うことにw霞とかツンデレしまくってたじゃんwかなりの恋愛プッシュだったもののやはり中学生には愛と恋は早かった模様だねw聖羅とジンジンやこてさしゅさん,小森さんと他の子の恋愛事情も→2014/08/17

える

19
中等部編完結。18冊となかなか多い冊数までなりましたが、最後までゆるふわな空気を保ちつつ、ちょっとずつ成長していく形になっており、読んでいて微笑ましくなるシリーズでした。最終巻の今回は、まさかのリア充展開でしたが、最後はちゃんと"GJ部が一番"という形に落ち着いてくれて良かった。もう少しこのメンバーを見ていたかったなぁ。お疲れ様でした!2014/02/11

(●▲●)とらうまん(*^◯^*)

19
究極のキャラクター小説、4コマ小説GJ部の中等部編はこれにて完結。 元祖GJ部と同じ流れで霞たちの卒業まで見届けるものだとばかり思ってましたが、各部員の成長や変化を見守りつつ、締めくくりとしてはこれも一つの理想形だよなと納得。 霞たちも、あるいはキョロたちも、相変わらずの日常“いつも通り”をこれからも過ごしていくんでしょう……ともあれ新木先生、中等部完結お疲れさまでした。2014/01/22

シンヤ

15
ふむぅ、ここで完結か。不完全燃焼さもあるけど、なるほどっていうところもあるかなと。登場人物の変化、成長が描かれていたからよかったかなと。前巻あたりから急速で動いたので中等部全体のバランスがいまひとつという感じではありましたが、終わりは作品らしかったかなと。シリーズとしての引き際もここいらかなって感じかなと、やはり元祖と比べると火力不足感が否めない中等部ではありましたが、ともあれゆるい雰囲気は楽しめたのでよかったかなと思います。成長過程で完結で惜しいところでありますが、いつも通りが続いていくのでしょうかね。2014/01/26

まりも

13
GJ部中等部は最後まで子供たちの成長をメインにした感じがします。ケンケンはちゃんと男の子になってきたんだなぁ。もっと彼らの成長を見守りたかったけどこれが一番らしい終り方だったかな。中等部のメンバーが物語開始当初と比べて変わった点を色々と見れて良かったです。4コマラノベはこれからも続けてほしいですねー GJ部ありがとうございました。2014/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7849565

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。