ガガガ文庫<br> 女子モテな妹と受難な俺7

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

ガガガ文庫
女子モテな妹と受難な俺7

  • 著者名:夏緑【著】/ぎん【イラスト】
  • 価格 ¥615(本体¥570)
  • 特価 ¥430(本体¥399)
  • 小学館(2015/10発売)
  • ポイント 3pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

明日太と今日子と凛世、波乱の三角関係!?

俺が進路希望の話をしてからというもの、妹の態度がおかしい。いつもみたいにくっついてきたかと思えば、突然涙を流したり。俺がいったい何をしたっていうんだ!? しかもそれは俺に対してだけにとどまらず、親友の凛世にまで及んで……え!? 今日子に避けられているって? 文化祭が近いっていうのに、なんでこんな気持ちがモヤモヤすることばかり起こるんだ? そんな困惑している俺に救いの手を差し伸べてくれたのは、なんと小麦だった。妙に優しいな?またなにか企んでるのか? ともあれ、彼女の発案で文化祭に水球部の活動を紹介する展示スペースを作ることになり、今日子と凛世は一緒に作業をすることに。よし、これで2人の距離も縮まるだろう……って思ってたら、おい緋影! なんでお前まで手伝いに来てるんだよ!! いつも通り今日子相手に変な妄想したかと思えば、俺が話かけたら急にキレるし。まるで昔の凛世みたいだな。
はぁ、俺にこいつらをまとめることはできるのだろうか……果たして今日子と凛世の仲直り作戦は成功するのか? そして文化祭の行方は? ますます盛り上がるハイテンションラブコメ、波瀾の第7巻登場!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。