ガガガ文庫<br> 羽月莉音の帝国3

個数:1
紙書籍版価格 ¥648
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ガガガ文庫
羽月莉音の帝国3

  • 著者名:至道流星【著】/二ノ膳【イラスト】
  • 価格 ¥648(本体¥600)
  • 小学館(2015/10発売)
  • 秋分の日の三連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 ポイント25倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

莉音倒れる! 不在のままTOB天王山へ――
「ぼくが真実を口にすると ほとんど全世界を凍らせるだらうといふ妄想によつて ぼくは廃人であるさうだ」とは吉本隆明の詩の一節ですが、日本最大の衣料チェーン・アクアスをめぐるTOB(株式公開買付)合戦の討論の席でテンパって「世界を革命し、あたらしい人類の未来を創るのです。何かに支配されない社会。連綿とつづく争いの歴史からの脱却。機能不全に陥った世界をいちどリセットしましょう!」などと叫んだ株式会社革命部社長の巳継もまた、観た者すべてを凍らせてしまいました。……スベったわけですが。

さて、メディアを利用したPR戦においてアクアスに対して劣勢となり、かつ、資金調達のアテが外れて大ピンチの革命部に、追い打ちをかけるような出来事が起きます。

今まで革命部をひっぱってきた莉音が倒れてしまうのです!

巳継たちは莉音抜きでアクアス戦に勝ち抜かなければいけません。

しかし、政府転覆発言の真偽を問われる記者会見の前夜、恒太が巳継のもとに持ってきた質疑応答の想定問答集「天才・春日恒太の軍略」には「無関係の人間が見た場合には爆発する」などと注意されていました……そんな調子で大丈夫なのか、革命部!?

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。