第8巻 アンナ・パブロワ - レジェンド・ストーリー

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader

第8巻 アンナ・パブロワ - レジェンド・ストーリー


ファイル: /

内容説明

自らバレエ団を率い、古典バレエを全世界に広めた不世出のバレリーナでバレエの伝道者。主人公の代名詞といわれた「瀕死の白鳥」は芥川龍之介も絶賛した。生涯結婚せず芸術に身を捧げたその生き方は、女子児童の夢と感動を呼び起こすことだろう。

目次

レジェンドストーリー8 アンナ・パブロワ―1881‐1931(日本にまい降りたプリマ 夢に目覚めた『眠れる森の美女』 苦難を乗りこえたバレエ学校時代 あこがれのプリマ・バレリーナに 『ひん死の白鳥』の誕生 世界にふみ出すアンナの挑戦 戦下の闘牛場にひびく大歓声 白鳥の永遠の旅立ち)
アンナ・パブロワ資料館(アンナ・パブロワの功績 アンナ・パブロワの生涯とその時代 アンナ・パブロワとかかわりのあった人々 アンナ・パブロワが残した言葉 アンナ・パブロワのゆかりの地)