二見時代小説文庫<br> 箱館奉行所始末 - 異人館の犯罪

個数:1
紙書籍版価格 ¥712
  • Kinoppy
  • Reader

二見時代小説文庫
箱館奉行所始末 - 異人館の犯罪

  • 著者名:森真沙子
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • 二見書房(2013/12発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

――凄腕の箱館奉行、小出大和守秀実を知っていますか?

洋学者武田斐三郎による七年の歳月をかけた日本初の洋式城塞五稜郭に箱館奉行所はある。元治元年(一八六四)支倉幸四郎は支配調役として、幕府の逸材と評価の高い奉行小出大和守秀実の配下で激務をこなすことになった。箱館の街は江戸と違い異国人に溢れ、教会やホテルが建つ、悪の街でもあった……