聲の形(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥528
  • Kinoppy
  • Reader

聲の形(1)

  • 著者名:大今良時【著】
  • 価格 ¥462(本体¥420)
  • 講談社(2014/01発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063949735

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

【無料試し読み閲覧期間2022/7/29~2022/8/11】
「俺は彼女が嫌いだった」――明るく! 楽しく! 大冒険! がモットーの少年、石田将也(いしだ・しょうや)。耳の聞こえない転校生の少女、西宮硝子(にしみや・しょうこ)。2人の出会いが、教室を、学校を、そして将也の人生を変えていく――。余りにもみずみずしい青春のカケラたち。最高に切なく、心ゆさぶる物語が生まれました。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海猫

433
マルドゥック・スクランブルを見事にコミカライズした大今良時のオリジナル作品ということで早速読む。読み切り版が完成度高かったので連載版でどうなるかが気になっていたが本筋は同じながらかなり膨らましてきた感じ。この膨らみがいかに炸裂するかは次巻以降持ち越しか。ドロドロしたドラマ展開にはなりそうだが汚い物を見せるだけではなくその向こうにある崇高なものを描ける作家さんだと思うので大いに期待したい。2013/11/17

mitei

328
まぁでも子ども時代はみんな多かれ少なかれそんなもんなんかなぁ?先生はちょっと人事すぎなような気はした。でも現実にありそうな世界だな。2013/12/02

naji

154
今までにないタイプの物語かな!?いじめとそれを取り巻く周囲の変化が、今後も気になる。2014/01/01

kanon

137
わざわざ声を『聲』とする所になにか意味はあるのだろうか。退屈を凌ぐために耳の障害を持つ女子・西宮を”いじめ”?る将也。まあその反動が来るのは自然の摂理であり、立場は逆転する。でもいじめを取り扱ってる割には、そんなに重くは感じないのだ。なぜなら将也はしっかりとしたなにか信念を持っているから。心はまだ真っ直ぐなんだと思う。孤高を気取っているけれど。でもそれは立場逆転の直前、転校するまで机を拭いてくれた西宮の優しさに触れたからなんだと思う。ここからの展開が予想出来ない。もう既に伝えたい事が分かった気がするから。2013/12/30

mt.gucti

130
一巻でやめてはいけないお話。ホント、一巻は少しでも体験のある人には辛いだけだけど、続けて読まないといけない。やっと買えたので再読。やっぱりツラい。一巻で高校生まで行ってくれてたのに少し安堵してしまうくらい。2015/07/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7476079

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数7件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす