GA文庫<br> 反抗期の妹を魔王の力で支配してみた。4

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • Reader

GA文庫
反抗期の妹を魔王の力で支配してみた。4

  • ISBN:9784797374209

ファイル: /

内容説明

ついに『勇者』ゼックンが動き出した! 目的は彼が唯一愛した『聖龍』ハナの復活。その礎として、クンクン、さらに現在行方不明中であるハナの複製を狙っているという! しかし肝心のクダラは、先の『剣神』サビヒメとの激闘による昏睡状態から目覚めたばかり。しかも自身に眠る『魔王のちから』が暴走し、非常に危険な状態だ。だが――「さぁ、れっつごう☆ですの!」 ミカリンをはじめとする愛すべき問題児たちが、そして『伝説の十人』たちが、様々な想いを抱えてクダラの元に集結する。全ては打倒『勇者』のために! 未来へと進むために! 魔王VS勇者、世界を巻き込んだ因縁の闘い、感動のクライマックス! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シンヤ

9
纏まっていたけど、全然タイトルと違うな(苦笑)ちゃんと絡み合ってはいるのですが、薄味でごちゃごちゃしてメインが陰るかな。錯綜する展開配置はなかなかカオスっぷりでいいのですが、それを固める掘りが浅いかなという読み口です。端的に言うと詰め込みすぎた。配役は押さえているけど、ぽっと出で火力が足りない。詰め込み過ぎて大味で尺が足りない、もう少し登場人物とかの掘り下げ、下地作りをしっかりとした上でこれをすればカタルシスはあったろうが、何分準備不足で強引過ぎるかな。ストーリーはいいんだけど、足りてなくて惜しいな。2013/10/19

朝夜

8
『んじゃあ、行こうぜ――てきとうに、世界を救いにな!』読了。完結です。 クズーニャの恥女っぷりがヤベェw オールスターでクズ勇者をぶっ飛ばす話になるとはタイトルからは予想できないですよね… 安定の日日日節で、ややカオスの最終決戦は面白かったです。 ヒヒヒさんは登場人物を容赦なく殺すので最後までドキドキしながら読みました(マテ ヒヒヒさんの次回作を楽しみにしています。『いつも心にファンタジー』2013/10/17

F.key

4
完結。我儘な大人を子供たちがぶん殴りに行く(これで合ってる?)いい王道ストーリーでした。もうどっちが勇者側か分からんな、ってくらい元勇者がどうしようもなく外道で。因果応報に思える結末だったけど、最後のアレで少しは報われたんだろうか。大体の人が触れてるけど、タイトルとは裏腹になかなか重厚な話でした。完走、お疲れ様でした。2013/10/27

ユウ@八戸

3
タイトル詐欺なまま、完結。……いやいや、ミカリン、1回も支配されてなくね?しかしまあ伏線全部拾いに行く姿勢は見事で。要約しちゃえば勇者がクズになったからみんなでぶん殴りに行こうぜ!なんだけど、1巻から一気読みすると、成長とか変化とかなかなか感慨深いものがあります。アポロってばまさかの見せ場。序盤のエロ推しはどうした日日日!って思ったけど、ちゃんと理由があったのね2014/03/16

Yobata

3
ついに勇者が表舞台で動き出す。勇者の目的は魔王戦争で亡くした最愛の女性『聖龍』ハナを蘇らせること。そのためには王獣族のクンクンが持つネットワークが必要ということでクンクンが狙われる。魔王のちからの正しい使い方をしたクダラは昏睡状態に陥ってしまう。ミカリンを始めとした問題児たちや『伝説の十人』たちが勇者に対し様々な思いを持ちながらもクダラのもとに集結し、勇者と対峙する…。最終巻。4巻で解決ということで若干力技ゴリ押し感があるもそこは日日日さん、しっかりと設定に基づいて完結してあった。→2014/01/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7329065

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。