王子様と灰色の日々(4)

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

王子様と灰色の日々(4)

  • 著者名:山中ヒコ【著】
  • 価格 ¥693(本体¥630)
  • 講談社(2013/08発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063806434

ファイル: /

内容説明

「人を好きになって知った、この胸の痛み――。」至のためにがんばる遼の姿にいつしか惹かれ、初めての恋心に戸惑う“身代わり王子”敦子。そんなある日、乃木家に対する遼の裏切りの計画を知り、敦子の心は千々に乱れる……。至の元服式が近づくなか、敦子が選んだ決断、そして遼への想いは……!? 不器用な“王子”達が紡ぎ出す切ない物語、感動の最終巻!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

110
登場人物のそれぞれがプラスのほうに変化していくのを見るのはとても心地良い。そして、人を好きになることに対しての考え方が変わってくれて良かった。たった3ヶ月の出来事だけれど、10代だからこそ充実して内容の濃い日々と変化、そして成長だったのだと思う。ただ、欲を言えばお祖父様と遼の間にもう少しあたたかい感情の変化が欲しかったし、至の女装趣味に関しての掘り下げが期待したほどじゃなかったのが少々残念。でも今まで読んだヒコさんの作品の中では、かなり好きな物語になった。2013/09/24

エンブレムT

95
切なさを優しさで包んで、そっと差し出してきたような、控え目だけれど余韻のある甘いラストでした。“身代わり王子”こと主人公の敦子と、そばに居続けていた遼の心の揺らぎを追い続けていた結果、もう1人の主人公であるはずの“本物の王子”である至に対して好印象を持てずにいたのですが、敦子と遼を眺める目線がラストには読者と重なっているってな描き方をされちゃったら、もう至を嫌うわけにはいかなかったですねー。リバーシ(オセロ)のゲームのように、一手でパタパタと駒が裏返っていくような展開が素直に面白かったです。2013/11/28

ちゃりんこママ

40
電子。財閥一族の御大現る…遼と至の祖父。お家大事で人間性二の次なんだが、敦子ちゃんの正体がばれそうになって…。彼女を追い出す羽目になる遼との遣り取りが絶妙で泣きそうになった。「人を好きになると」弱くなるのか、強くなるのか、良いテーマでした。2014/07/09

カザリ

35
感動して泣いた。作品としてもすごくよかったし、自分の創作にすごく寄与してくれた。そして、心も癒された。。やっぱり、恋愛っていいですねえ。笑。やっと、私も人並みに恋愛作品が好きと言えるようになりました。作家さんに感謝!!がんばるぞお!2015/02/08

花結び

32
こういう話はけっこう幸せとも不幸とも思えない終わり方が多いから今回もそういう曖昧な感じになるのかと思ったけど、そんなことなくちゃんと遼と敦子が幸せになるラストで読んでよかったと思える作品でした+゚。*(*´∀`*)*。゚+2014/12/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6968487

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数4件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす