フラワーコミックス<br> 金魚の糞(3)

個数:1
紙書籍版価格 ¥440
  • Kinoppy
  • Reader

フラワーコミックス
金魚の糞(3)

  • 著者名:桜田雛【著】
  • 価格 ¥462(本体¥420)
  • 小学館(2013/11発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784091350107

ファイル: /

内容説明

ますます親密になっていく金魚と菊吉。しかし、義父が金魚に語った話を立ち聞きしてしまった菊吉は、自分と金魚が双子であることを知り、後戻りできないほど精神的に追い込まれる。さらに金魚が抱えていた秘密。菊吉が思い出した微かな母の事故の記憶。菊吉が見つけ出した義母の日記…。思いがけない事実の露見に菊吉は凍り付く。そして崩壊寸前の浅川家をさらなる不幸な事件が襲う……。息もつかせぬ怒濤の展開に涙せよ!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

K

3
こう来たかっ! 金魚と菊吉が血繋がってるとは。鬱々とした展開が続きます(^.^; 桜田さんらしいけど…2013/04/07

赤魚

2
ホラーっつうか昼ドラになってきた。2015/03/11

みはる

2
うわー、マジか。ヤバすぎる展開。急いで続きを読まねば!!2014/09/20

にゃりこ

2
うーん(-。-;だ、大丈夫かなこの家族。狂ってるぞ。。しかも前巻よりホラーなページあるし((((;゚Д゚)))))))そしてよりいっそう菊ちゃんが普通の人間に見えちゃうぐらい周りがドス黒いよーーー(>_<)2013/07/24

りり

2
病んでるどころかドロッドロのぐっちゃぐちゃ。両親の部屋 引き出し全部に鍵とかほんとに怖い。寧ろ怖い通り越して気持ち悪い。双子にもびっくりしたけど父ちゃんにもびっくりした。2013/05/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6086390

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。