文春文庫<br> 奪われた信号旗 - 長崎奉行所秘録伊立重蔵事件帖

個数:1
紙書籍版価格 ¥639
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
奪われた信号旗 - 長崎奉行所秘録伊立重蔵事件帖

  • 著者名:指方恭一郎
  • 価格 ¥639(本体¥581)
  • 文藝春秋(2013/05発売)
  • 【kinoppy】文藝春秋 電書の森フェア2021 ポイント40倍!(~9/30まで)
  • ポイント 200pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167821043
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

「外国船入港を知らせる信号旗が奪われ、偽狼煙まであげられた」。長崎奉行から特命を受けた伊立重蔵は、現場・小倉藩への潜入を決意する。そんな折、錺(かざり)職人の善六は博多へ、長崎会所を裏で仕切る吉次郎も下関へ旅立つことに……。九州各国を股に掛け、これまで以上のスケールでおくる書き下ろし時代小説シリーズ絶好調の第4弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

高橋 (犬塚)裕道

6
星4。今回は面白かった。サクサク読めた。長崎から小倉、吉次郎、善六、重蔵夫々の話の展開も面白かった。ただ書き出しは未だ筆が乗ってなかった様だ。この作家は筆のノリに波が大きい様だ。2017/04/25

あかんべ

2
このシリーズは読んでいなかったのに4から読んでしまったようだ。そのせいかイタチの旦那に対しても今ひとつだった。1から読んでみよう。2012/11/25

MI6

0
☆☆☆2014/02/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5408461

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。