角川ホラー文庫<br> エッジ 上

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

角川ホラー文庫
エッジ 上

  • 著者名:鈴木光司
  • 価格 ¥682(本体¥620)
  • KADOKAWA(2014/12発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041001370

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

人が消えてゆく──長野、新潟、カリフォルニアで、人々が突如“消失”する怪現象が起こった。そんな中、フリーライターの栗山冴子は、ある一家が忽然と姿を消した“一家失踪事件”の謎を追い始める。18年前に父が、やはり消失ともいえる突然の失踪で行方不明となっている冴子は、一連の事件の中に、人類が経験したことのない未曾有の世界的異変を嗅ぎとるが……!? 世界の基盤を揺るがす恐怖を描く、サスペンス・ホラーの傑作!上巻。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

absinthe

179
面白い。科学知識も盛り込んだ近代的ホラー。ループの世界を思い出した。人が消えていくと言う設定はありていにいえば月並みだが、料理の仕方が随分と異なっている。下巻と関係しそうな?科学知識が披露されているのだろう。随分と下巻を期待させる。2016/11/15

遥かなる想い

72
鈴木光司が ホラーなどを対象にしたアメリカの文学賞、 シャーリー・ジャクスン賞を受賞したというので、 久しぶりに読んだ。主題は「失踪」であり、世界で 発生する「失踪」事件の真実を、自分の愛する父が 失踪した冴子の視点で追う。  だが、上巻ではまだ「リング」等を読みながら 感じていた不気味な恐怖のようなものはなく、 むしろ時々顔を出す物理的な薀蓄が邪魔に なる・・というのが正直なところ。下巻に期待。2013/07/20

財布にジャック

58
この作品がアメリカで賞をとったというので、読んでみたくなり、久々の鈴木光司作品です。鈴木さんと言えばリングが思い浮かんでしまうので、さぞや怖いのかと覚悟を決めて読み始めましたが、怖くありませんでした。どちらかというとホラーというよりミステリーっぽいです。物理苦手なので、小難しい話の部分は、さっぱり解らないのでそこはさらっと流し読みして、下巻へ行かせて頂きます。今のところ期待以上にのめり込めています。2013/08/07

とくけんちょ

56
失踪事件を追いかける女性ライター。その父親も失踪に巻き込まれていたことで、当時の人脈、知識を生かして事件に臨む。すると、連続する失踪事件は、つながりを持っていることが判明。その原因は、上だけでは全くわからないが、なにやら世界規模の話になりそう。リング、らせん、ループで心底、驚かされた経験をもつ鈴木さんだけに結末が予想できない。間髪いれずに下に突入。2019/08/03

福猫

37
マリーセレスト号の事件や、その他もろもろの解決を見ていない失踪事件、バミューダトライアングル等々。好みのエピソードはあちこちに散りばめられてはいるものの…。う~ん。上巻だけでは何とも…。角川ホラー+鈴木光司作品ってので期待しすぎたというのが、上巻を読んで感じた正直な感想。物理や宇宙に対する薀蓄がちょっと鼻につく。あと…冴子がね。なんだか特異すぎて、どうも感情移入できない。気を取り直して下巻に進む。。2013/08/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4515655

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす