角川ホラー文庫<br> エッジ 下

個数:1
紙書籍版価格 ¥733
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川ホラー文庫
エッジ 下

  • 著者名:鈴木光司
  • 価格 ¥726(本体¥660)
  • KADOKAWA(2014/12発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041001363

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

続発する失踪事件は、その規模を急激に拡大しつつあった。その謎を追う冴子は、ついに失踪前の父が南米ボリビアで書き残した手記にたどり着く。その中に、冴子は世界の仕組みを解き明かす鍵を見つけるのだった。恋人、霊能者、物理学者の力を借り、すべての答えに迫る冴子だったが……!? 父はなぜ、どうやって姿を消したのか!? そして人々の消失の真の意味とは!? 壮大なスケールで描く傑作サスペンス・ホラー、下巻!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

absinthe

193
凄い。特に最後の50ページに本書の密度の大半が凝縮されていた。下巻の中ほどまでで、まぁそこそこ面白かったなぁなどとつぶやいていたが甘かった。その手があったか!類似作が多いこのごろ本作は際立っている。目くらましされてはいけない。物理用語、数学用語が飛び交うがじつは最後の感動はそれとは別のところにあった。醜悪の中に本当の美を見だすのが芸術の使命だと言う。本書はもっと評価されていいと思った。2016/11/16

遥かなる想い

85
我々の世界・宇宙の根本が崩れていく という荒唐無稽なこの物語・・どうやって 決着をつけるのかと思っていたが、下巻の後半から 展開が急転・・冴子の父の突然の失踪の残酷な真実。 「相転移」「πの乱れ」など、壮大すぎてついて いけない面も多かったが、「山村貞子」とは 違うスリルある終わり方だった。ワームホールへと 繋がる世界・・広げすぎた風呂敷のたたみ方に やや強引な感があったのが少し残念。 2013/07/21

財布にジャック

62
物理も数学も科学も苦手だったから、煙に巻かれちゃったせいなのか、かえって物凄く楽しめました。酷評されている感想が目に付きますが、個人的にはかなり好きです。SFのようなホラーのようなミステリーのような人間ドラマのような、とにかくジャンルも曖昧なんですが、壮大なお話でした。何度読み返しても、きっと私の頭では理解できない難しい薀蓄が壁となることは分かりきっていますが、それでも再読したくなること間違いなしです。貞子は出ませんが、やっぱり怖いお話でした。2013/08/08

福猫

31
なんだかな…。シャリー・ジャクスン賞受賞らしいけど…。そもそもその賞がどの程度のものなのかも不明。素数だとか無理数だとか絶対数だとかを長々と語られても、日常で触れる機会のない一般人としては意味不明だし、そこから思考をスタートさせることも出来ない。そんな中での、ホラーなのかミステリなのかSFなのかどっちつかずの作品と言うのが正直な感想。まず冴子のキャラが荒唐無稽…。物事を順序立てて思考するかと思いきや、理性も何もない獣のような言動。ここ最近で一番好きになれない主人公。<コメへ続く>2013/08/03

コージー

30
そうか、そうきたかあ。謎が解明されたけど今ひとつ納得出来ない気がするのは、理解力の足りなさかなあ。面白かったけどもう少し違う結末もあったかなあ、と思う。2013/10/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4515639

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす