講談社文庫<br> 警視庁情報官 ハニートラップ

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • Kinoppy
  • Reader

講談社文庫
警視庁情報官 ハニートラップ

  • 著者名:濱嘉之【著】
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • 講談社(2012/06発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062769303

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

色仕掛けによる諜報活動――「ハニートラップ」に溺れた日本の要人は数知れず。国防を揺るがす国家機密の流出疑惑を追う警視庁情報室トップの黒田は、漏洩ルートを探るうちに、この「罠」(ハニートラップ)の存在に気が付いたが……。「情報は命」そう訴える公安出身の著者が放つ、日本の危機管理の甘さを衝いた警察小説の最前線!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mr.lupin

53
スケールが大きすぎて、何が何だか良く理解できなかった。色仕掛けによる『ハニートラップ』 男は弱いかな。。。(笑)最後はきっとそうじゃないかなと予想通りでした。 ☆★★★★2016/02/05

Syo

42
これまた凄い。 現実問題として、あるんだろうなぁ。 う〜む。2021/11/24

HoneyBear

41
公安もの。面白いし情報も多いが、鼻につく薀蓄も多い。人脈がキーの世界。2013/08/15

James Hayashi

39
シリーズモノの2冊目であまり期待していなかったが、単にハニートラップに引っ掛かるだけでなく防衛省、国家単位でのスパイ活動とその危機に対処する公安を見ることができ充分満足。公安の出身の作家だけであり特殊な状況や技能を書き上げ面白みもあるし、エピローグでも驚きをもらった。公安の動きやハニートラップの実像などが見え勉強になった。日本の公的な職につく人の恋愛や結婚について危機感を持った。2017/09/22

koba

38
★★★☆☆2019/06/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3008054

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。