少年サンデーコミックス<br> オニデレ(9)

個数:1
紙書籍版価格 ¥460
  • Kinoppy
  • Reader

少年サンデーコミックス
オニデレ(9)

  • 著者名:クリスタルな洋介【著】
  • 価格 ¥462(本体¥420)
  • 小学館(2014/12発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784091227898

ファイル: /

内容説明

サヤのお母様…
育島・アルテミンシア・輝夜登場!!
正の母、ひばりの強引な展開で
謎の国、エゾプトへ行く不思議旅!
さらに、新キャラ続々登場と共に、
突如開かれる婿候補バトルロイヤル!!
サヤの婿の座を狙って、
様々な思惑が動き出す!
サヤを中心に動く新たなる恋物語!?
激震が走るラブリーギャグ第9巻!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カッコー

2
サヤさんのお母様美しい、元気アピールとテニスウェア最高です。鬼ごっこはめっちゃ笑った。モモさんのツッコミがキレイに決まっていた。2011/02/23

星野流人

2
おもしろいけどね。粗が多いというか、ギャグ漫画にしても違和感バリバリな点がいくつかあったり。しかしボケの爆発力と、ヒロインたち(主にサヤとユナ)のかわいさに比べれば、些末なものですね。前半は正やサヤのお母さんが大活躍。後半はサヤの婿候補のバトルロイヤル。ニヤニヤできる要素は若干減ってしまったが、ギャグとしての勢いが良かった。それにしてもこのシリーズは……キャラが次々出てくる割りに、なかなか定着はしない……。 7/10点2011/02/18

読解力なく勢いで読む人

1
サヤの母親……wぶっ飛んだ設定キャラしかいないぜ、この漫画w2011/05/05

のらねこ

1
なにをしてくるかわからない不安定さが魅力とも言える作品。倫道さんとミズキさんのコンビには今後も頑張ってもらいたいものです。「ふとももとか超好き!」と言い切る彼は素晴らしい。母親との相性も考えると、ミヅキさんヒロインでいいかなー、とも思うこの頃です。2011/04/27

ppwahara

1
トンタタ!・・・これはきっと流行るッ・・・2011/02/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2025542

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。