Op.ローズダスト 〈中〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥722
  • 電子書籍
  • Reader

Op.ローズダスト 〈中〉

  • 著者名:福井晴敏
  • 価格 ¥722(本体¥657)
  • 文藝春秋(2016/05発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167763022
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

爆弾テロの捜査を進めるうちに、公安の並河警部補は、チームを組む丹原三曹とテロの実行犯「ローズダスト」の入江一功との深い因縁を知る。職場では、ハム(公安)の脂身と蔑まれる並河との、人間的なふれあいに戸惑う丹原だが、過去の罪をあがなうため、入江との戦いにのめりこんでゆく。その頃、平和ボケの日本に変革を促そうとする真の敵は、2人の想像を絶するところで動き出していた。最後にして最大のテロがはじまり、臨海副都心はまさに戦場となる!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シ也

49
“マル六の作業玉”と並河の密会と丹原に接近する一功が描かれる冒頭。丹原と一功が袂を断つきっかけとなった「LP」が描かれる中盤。でも個人的に一番興奮したのは最後の方で丹原を救出するために羽住と手を組んだ並河がダイスと戦いを繰り広げるシーン。特に上層部の思惑で何も知らない現場(銃器対策部隊)がダイスの本丸で睨み合いからの乱闘に移行するシーンでは、上層部と現場の連携の取れていなさと突入シーンが描かれ、警察小説ファンとしては生唾ゴクリものの連続だった2015/12/17

KAZOO

37
この中盤では過去のことがかなり明確になってきます。福井さんの書き方は非常に私に合っている感じがします。今の若い人にはあまり合わない感じもしますが、これだけ詳しく書かれると読後感も非常に印象に残るものになります。2014/09/23

hrmt

35
自分の頭で考える事を放棄して数十年の日本。都市部で発生したテロによって右へ右へと世論が誘導されていく様子は如何にも有り得そうで恐ろしい。個人的復讐だけでは到底収まりきらない憂国の裏事情が少しずつ見えてきましたよ。いよいよ最終巻へ〜2017/03/12

gonta19

34
2009/2/14 ジュンク堂住吉シーア店にて購入。 2013/3/6~3/12 朋希とローズダストの過去の確執が明らかになりつつ、現在の戦いも緊迫してくる。下巻でどういうふうにストーリーを畳み込むのだろうか。楽しみである。2013/03/12

どら

27
再読。基本的には必要以上の書き込みが多く、エンタメとしては所謂悪文なのだが、熱の入り方や、その肩に力が入っていることを感じてしまうので、そこで許せてしまう。まぁでも勘弁と言う人が結構いるレベルだろうな。ただアクション部分が出色なのはいつも通り。回顧シーンも泣ける。現在のシークエンスではやはり並河パートがイイ。この物語の一番ファンタジーは並河の家が家庭崩壊せずに、ここまで良い妻子に恵まれていることだと思う。丹原良かったね。2023/04/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/546062
  • ご注意事項
 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす