富士見ファンタジア文庫<br> 戒書封殺記1 その本、持ち出しを禁ず

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader

富士見ファンタジア文庫
戒書封殺記1 その本、持ち出しを禁ず

  • ISBN:9784829117781

ファイル: /

内容説明

私立永命学園高校に通う月詠読破(つくよみどくは)は、一見華奢な文学青年だが、図書館の規則を守らない者には容赦なく力ずくで分からせる最強の図書部長。だが、読破にはもうひとつの『異界司書』という謎の顔が……

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

T

6
私立永命学園高校図書部長・月詠読破。図書館の規律を遵守し、規則を守らない者には容赦しない彼だが、読破には「異界司書」という学生とは異なるもう一つの顔があった。「戒書」という危険な書物を巡るビブリオファイル伝奇アクション、開幕。禁断の書物「戒書」によって学園内で引き起こされた事件。事件の真相に迫っていく過程と「戒書」によるバトルアクションが面白かったです。これから巻き起こる「戒書」による事件や裏で暗躍する人物など続きが楽しみです。2021/11/23

影法師

2
主人公が強いのはいいけど、敵が弱いのが残念ですね。まぁ、最初の話で、あからさまに『かませ』なので仕方ないですけど……2016/02/20

すかわら

2
うーん。ズレを感じた。ファンタジイな禁書による事件を解決する物語。それだけ、という気がする。摩擦を感じなかったしキャラにも取り立てて魅力を感じなかった。このひっかかりのなさが何なのか。本を題材にするものへの私の期待と、この本が異なる楽しみを提示していたのだと思う2014/10/10

つくし

1
絵柄も文章も展開も、今読むと感慨深いというか懐かしい気持ちになった。ヒロインはどうやら二人のようだけど、それぞれ今後どうキャラが確立されていくのか期待します。2017/07/28

神野

1
本棚から引っ張り出した懐かしい本。第三者目線で、図書委員長の読破と新入生の綴を中心に物語は進む。異界司書の読破は学園で起きた破壊活動と殺人事件が異界(戒書)絡みだと判断し、いろいろ首を突っ込んで来る一般人の綴を始め、副部長や役に立たない先生をかわしながら一人で解決しょうと奮闘するが・・・。結構物語は淡々と進みます。人によっては登場人物の話し方や行動にイラッとしそう。設定が好きな作品でした。2015/05/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/419296

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。