文春文庫<br> 球形の荒野 〈上〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
球形の荒野 〈上〉

  • 著者名:松本清張
  • 価格 ¥641(本体¥583)
  • 文藝春秋(2016/05発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167106881
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

内容説明

奈良の唐招提寺を訪ねた芦村節子は、芳名帳に大戦中の外交官だった亡き叔父・野上顕一郎の独特な筆跡を見た。名前は違うが、こんな変わった筆跡はほかに見たことがない。叔父は戦争末期、スイスで死亡しているはずだ。しかし、もしかしたら……と疑いが彼女の胸に湧いてくる。野上未亡人・孝子とその娘・久美子、節子の夫・亮一は、節子の話に取り合わないが、久美子の恋人である新聞記者・添田彰一は、筆跡の話を聞いて、ある予感を受ける。著者会心の国際謀略ミステリー!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ハイク

3
「球形の荒野」とのタイトルに惹かれて読み始めた。古都奈良の薬師寺等を巡る詩情あるプロローグである。そこで特徴ある筆跡を芳名帳から発見してから物語が展開する。そして読み進めると突然画家が殺され、モデルとなっていた女性のデッサンが持ちさらわれていた。後半はどのような展開になるのであろうかと推理してみるがわからない。後半が楽しみだ。2012/12/23

しんた

3
昔テレビで見た気がした。信州が舞台になることが多いような。2012/05/19

nonchi

1
下巻に続く!2018/03/20

稔田 虹

1
芳名帳の筆跡を元に、売国奴として国籍を捨てた男を探し、そこに複雑な歴史を絡めつつミステリーに仕立て上げた清張の傑作。2012/10/04

イカ男

1
出だしの6行で読者の襟首を掴んで離さない。これを原作にした映画はイマイチだったが、原作は硬質で面白い。下巻の展開が愉しみです。2012/04/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/559327

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす