文春文庫<br> 依頼人は死んだ

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • Kinoppy
  • Reader

文春文庫
依頼人は死んだ

  • 著者名:若竹七海
  • 価格 ¥672(本体¥611)
  • 文藝春秋(2016/05発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167656676
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

女探偵・葉村晶(あきら)は探偵事務所からの仕事で生計をたてながら、時に家族がらみの無料捜査も押し付けられる、何でも屋だ。念願の本を出版し、結婚直前だった順風満帆の婚約者はなぜ自殺したのか? 受けてもいない健康診断の、ガンを知らせる通知書が届いた意図は? 瀟洒なプチ・ホテルに集う常連に隠された惨事とは? 彼女に持ち込まれる事件の真相は、少し切なく、ぞくっと怖い。構成の妙、鮮やかなエンディングにうならされる、みごとな連作短篇集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ハゲおやじ

197
この作者は、3冊目。葉村晶の短編集。「後味の悪い終わり方だが、癖になる」との評価だったが、確かにそうだった。スカッとする本では無いが、結末が予想出来なくて(私のレベルの問題だよね)ついつい読んでしまった。動作等の表現も 今まで私が読んだ本とは 明らかに異なるものだった。葉村は優秀な探偵だと思うけど、みのりも凄いじゃんって思う”女探偵の夏休み”や「えぇ~っ!」ってオチだった”たぶん、暑かったから”と”アヴェ・マリア” 等 面白いが、青黒いアザの男って 実は葉村の別人格ってオチじゃないよね?次どうしよう…。2017/11/26

nobby

187
葉村シリーズ2作目。ほぼ40頁足らずの話が9つ並ぶ連作短編だが、インパクト充分に楽しめる。何より途中いろいろ事柄ばら撒きながら、ラストであえてバッサリ切り捨てドスンと落とす潔さがいい!晶の現実的でいてクール、時に熱血のなす暴走っぷりが憎めない故か、そのダークでなかなかに後味悪い結末に嫌な気分にさせられるのがもう病みつき(笑)最初から登場の首に青あざの男と対決な最終編は、次々と押し寄せる悪意に振り回される晶達にハラハラしながら一気読み。最後で所長が指摘する“自殺”への向き合い方聞いて、その構成になるほど!2017/12/05

みどり虫

177
NHKで放送中のドラマ「ハムラアキラ」が好みで、読み友さんが本も面白いって教えてくれた。おぉー!本も好みだ!このシリーズは知っていたけど、なぜか軽い明るい探偵物だと思い込んでいた。ドラマ化されなかったら読まなかったわー。シシドカフカさん、ありがとう!(なんか違うけど)。ラスト数行、あるいは1行で、それまでの不穏な空気の正体をバン!と突き付けてくる感じ、突き付けられて「あー、納得!」ではなく、「…えっ」って立ちすくんじゃう感じがとても好き。私にちょうどいいブラック。ドラマの録画は観ないまま『悪いうさぎ』へ。2020/02/25

hitomi.s

173
再読。若竹さん、面白い。この、少なすぎず多すぎず毒っぽいところがいい。小気味よいテンポ。時々読みたくなる葉村晶。2018/12/27

ぷう蔵

166
静かなる炎天を読み、葉村シリーズを読もうとこの作品を手に取り読了。なんともついてない女探偵にどうやって至るのか?興味津々でスタートといったところである。しかし若竹氏、登場人物の描写が面白く巧みである。独特の言い回しで表現して頭の中にそれぞれの人物像を創り上げる。(と言うか創り上げさせられる…か。)この作品では、まだまだついてないという感じは表には出てきていないが、今後どんな不運が待ち構えているか、非常に楽しみである。短編ミステリーもイイですね〜。最後に背中がぞわわわ…、って。2017/03/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/551089

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数6件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす