起業の科学スタートアップサイエンス

個数:
電子版価格
¥2,530
  • 電書あり

起業の科学スタートアップサイエンス

  • ウェブストアに14冊在庫がございます。(2024年05月28日 15時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 279p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784822259754
  • NDC分類 335
  • Cコード C0034

出版社内容情報

スタートアップが直面する課題と解決策を整理。
失敗を潰せる「科学的な起業」の教科書。あなたの失敗は99%潰せる!

内容説明

起業家が必ず直面する課題と対策を、時系列に整理。だから「今、自分が何をすべきか」が、すぐ分かる!成功を夢見る前に、ありがちな失敗を必ず潰す、ありそうでなかった「起業の教科書」。

目次

1 IDEA VERIFICATION―アイデアの検証(スタートアップにとっての「良いアイデア」とは;スタートアップのメタ原則を知る ほか)
2 CUSTOMER PROBLEM FIT―課題の質を上げる(課題仮説を構築する;前提条件を洗い出す ほか)
3 PROBLEM SOLUTION FIT―ソリューションの検証(UXブループリントを作る;プロトタイプの構築 ほか)
4 PRODUCT MARKET FIT―人が欲しがるものを作る(ユーザー実験の準備をする;MVPを構築する ほか)
5 TRANSITION TO SCALE―スケールするための変革(ユニットエコノミクスを計測する;顧客1人当たりのLTVを高める ほか)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

93
私は起業のファイナンスについてはかなり本を読んでいるのですが、このような本を読んで非常に最近の状況について認識をあらたにしました。まさしく科学というか最近の海外とくにアメリカなどでの起業に関する状況というものが理解できる感じでした。ただこのような本が日本での起業に役に立つかというと私はまだ懐疑的な考えを捨てることはできません。ただ今後はこのような本が教科書となっていくのだという気はします。2018/03/10

きみたけ

56
著者は株式会社ユニコーンファームCEOで関西学院大学大学経営戦略大学院客員教授の田所雅之氏。起業(スタートアップ)が直面する課題とその解決策を時系列に整理。失敗を潰せる「科学的な起業」の教科書となっています。かなり本格的な内容につき、本気で起業するとなった時に改めて熟読したいと思います👍2021/09/12

Tenouji

13
リーンスタートアップが発明されて以降、既にここまで企業:アイデアを製品化する手法が研究されているとは…さて、日本はどのようにキャッチアップしていけば良いのやらw。2018/03/12

あつお

12
計画の重要性を説く本。 一般的なアジャイル開発のイメージでは、まずは動くもの(MVP)を作り、顧客のフィードバックを得て高速で改善していく。しかしMVP製作にも時間とコストが必要。顧客のニーズを外し失敗する確率が高くなる。 重要なのはMVPの前段階。顧客は誰なのか、どのように使用するのか、課題は何か。顧客との会話を重ね、真の課題を明らかにする必要がある。 起業以外の分野でも、作業するのは気分がよく、計画なしにとりあえず進めたくなるもの。一度冷静になり、着実に計画を練る癖をつけたい。2022/03/11

GASHOW

11
一般的な起業は、手続きができれば数万円でできる。この起業は、成功してビックになるサービスを作るためになっている。ユーザーが熱狂するほどの価値となるものを見つけて、リーンスタートアップする。創業メンバーでミッションをこなすために人生をかける。読後にドラマ「スタートアップ」の一場面に「なぜ、キミなんだ?」と投資家に言われていたが、なぜ自分なのかが起業には必要何だろう。失敗を潰せるとあるが、この通りに進めルことがかなりのハードルだ。2018/01/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12408258
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。