国際環境法の基本原則

個数:

国際環境法の基本原則

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月22日 07時05分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 395p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784798900124
  • NDC分類 519.12
  • Cコード C3032

内容説明

領域に対する国家の主権的権利とそれと裏腹の領域使用の管理責任―国際環境法ではおもに経済的・社会的発展と環境保護との相克として現れるこの二つの方向性は同時に、国際社会の分権的構造の下に展開される国際法全般の基底要因に他ならない―その基本原則の分析を通じて国際環境法を国際法全体の中に的確に位置づけることにより、様々な分野の国際法間の相互影響プロセス、すなわち国際法の「相互豊富化」への途を追求する、画期的労作。

目次

第1部 総論(国際環境法の概念と歴史;国際環境法の特徴)
第2部 国際環境法の基本原則(「国際環境法の基本原則」とは何か;防止の義務;予防原則 ほか)
第3部 国際環境法の適用(環境損害被害者の救済;多数国間環境保護協定の遵守確保と紛争解決;ICJ・ウルグアイ河岸パルプ工場事件判決について)

著者等紹介

松井芳郎[マツイヨシロウ]
1941年、京都府生まれ。1963年、京都大学法学部卒業。現在、立命館大学法科大学院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。