インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門―サーバシステムを支えるネットワークはこうしてできている

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 401p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784797373516
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C0055

出版社内容情報

サーバシステムのネットワークを徹底解説!

VLAN設計、アドレス設計、冗長化、仮想化などなど、
オンプレミスなサーバサイトのネットワーク構築に必要な基礎技術と設計のポイントを、
実際の構成例をもとに400超の図を用いて徹底解説。
ネットワークにかかわるすべてのエンジニアの実務に耐えうる一冊です!

第1章 物理設計
第2章 論理設計
第3章 セキュリティ設計・負荷分散設計
第4章 高可用性設計
第5章 管理設計

第1章 物理設計
物理層の技術
1 物理層は規格がいっぱい
物理設計
1 構成パターンは2種類
2 最も大きい値で機種を決める
3 安定したバージョンを選ぶ
4 配置と目的に応じてケーブルを選ぶ
5 意外と重要なポートの物理設計
6 上手に配置する

第2章 論理設計
データリンク層の技術
1 データリンク層は物理層を助けている
2 データリンク層はL2スイッチの動きがポイント
3 ARPで論理と物理をつなぐ
ネットワーク層の技術
1 ネットワーク層はネットワークをつなぎ合わせている
2 ネットワークをつなげる
3 IPアドレスを変換する
4 IPアドレスを自動で設定するDHCP
5 トラブルシューティングで使用するICMP
論理設計
1 必要なVLANを洗い出す
2 IPアドレスは増減を考えて割り当てる
3 ルーティングはシンプルに
4 NATはインバウンドとアウトバウンドで考える

第3章 セキュリティ設計・負荷分散設計
トランスポート層の技術
1 ポート番号でサーバプロセスに振り分ける
2 ファイアウォールでシステムを守る
3 負荷分散装置でサーバの負荷を分散する
セッション層からアプリケーション層の技術
1 HTTPがインターネットを支えている
2 SSLでデータを守る
3 FTPでファイル転送
4 DNSで名前解決
セキュリティ設計・負荷分散設計
1 セキュリティ設計
2 負荷分散設計

第4章 高可用性設計
冗長化技術
1 物理層の冗長化技術
2 データリンク層の冗長化技術
3 ネットワーク層の冗長化技術
4 トランスポート層からアプリケーション層の冗長化技術
高可用性設計
1 高可用性設計
2 通信フローを整理する

第5章 管理設計
管理技術
1 NTPで時刻を合わせる
2 SNMPで障害を検知する
3 Syslogで障害を検知する
4 機器情報を伝える
管理設計
1 ホスト名を決める
2 ラベルで接続を管理する
3 パスワード設計
4 設定情報を管理する

内容説明

ネットワーク技術の基本から現場の設計上の工夫まで、今のネットワークを理解するために本当に必要な知識を400超の図解を用いて徹底解説。

目次

第0章 本書の読み方
第1章 物理設計
第2章 論理設計
第3章 セキュリティ設計・負荷分散設計
第4章 高可用性設計
第5章 管理設計

著者等紹介

みやたひろし[ミヤタヒロシ]
大学と大学院で地球環境科学の分野を研究した後、某企業に入社。インフラ系SEの部署に配属。配属直後にシスコ機器を扱うプロジェクトに参加。ネットワークエンジニアとして生きていくことを決める。同プロジェクトで、ルーティング技術とスイッチング技術を習得。同プロジェクト終了後、金融系、公共系、製造系と業種を問わず、数多くのプロジェクトや案件に参加。その中でセキュリティ技術、サーバ負荷分散技術など、ネットワーク技術全般を学び、その面白さと奥深さを知る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Takashi Naito

6
全エンジニアに読ませたい1冊。義務教育で配るべき。資格勉強させるよりまずこれを読むべきだった。2019/01/20

MATSUDA, Shougo

4
基礎から応用まで幅広く丁寧に扱われている良書。もっと早くから手に取り学べていれば、、と思えた一冊です。同著者の応用編も読み進めてます。2019/01/31

K

2
分かりやすい。マスタリング入門編→なぜネットワークはつながるのか→本書でいい感じ。2015/07/19

myknek

2
仕事がネットワークの運用から構築に変わって今に至るが、 運用時代になぜこういう構成の設計なのかという疑問を持っていた部分もあったが本書で理解できた気がする。 レイヤーごとに技術や仕組みが説明されていて読むだけで基本的な知識は身に付けられると思う。 設計する上で必読だと思う。2014/08/20

M

2
分かりやすい良著。表題通り、エンジニア向き。営業向きではない。WANよりもLAN中心。他の本にない特徴として、RFP対応や完成図書作成を意識した作りになっている点が大きい。物理設計・論理設計・可用性設計など、実際のプロジェクトにおいてWBS引いたり成果物一覧を出すときのリファレンスとして役立ちそう。インフラ系の中堅エンジニアにはとてもオススメ。2014/03/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7848209

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。