非常事態・緊急事態と議会・議員―自治体議会は危機に対応できるのか

個数:

非常事態・緊急事態と議会・議員―自治体議会は危機に対応できるのか

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2020年11月25日 04時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 225p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784875558507
  • NDC分類 318.4
  • Cコード C3030

目次

序章 危機状況で浮上する議会の役割
第1章 議会の防災対策:防災から減災へ
第2章 議会の危機管理―フェーズによる対応、危機管理体系
第3章 パンデミックと議会
第4章 BCPと議会
第5章 災害復興と議会
第6章 危機状況から考える法制度改革:オンライン議会の可能性
資料 総務省行政課長による通知ほか
終章 議論すべき骨太のテーマと手法:「ビフォー・コロナ」に戻るべきではない!

著者等紹介

新川達郎[ニイカワタツロウ]
現職:同志社大学大学院総合政策科学研究科教授、政策学部教授。1950年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科修了。(財)東京市政調査会研究員、東北学院大学法学部助教授、東北大学大学院情報科学研究科助教授などを経て1999年から同志社大学教授。専攻:地方自治論、行政学、公共政策論。研究活動:日本公共政策学会会長、日本計画行政学会副会長、政治社会学会理事長、日本自治学会理事、日本行政学会理事などを歴任。社会活動:地方公共団体情報システム機構(J‐LIS)代表委員、全国知事会専門研究員、関西広域連合協議会副会長、大阪府まち・ひと・しごと創生推進審議会委員長、LLP議員力検定協会共同代表、一般社団法人東北圏地域づくりコンソーシアム代表理事、一般財団法人地域公共人材開発機構理事長などを歴任

江藤俊昭[エトウトシアキ]
山梨学院大学大学院研究科/法学部政治行政学科教授、博士(政治学、中央大学)。1956年東京都生まれ、1986年中央大学大学院法学研究科博士後期課程満期退学。専攻:地域政治論・政治過程論。社会活動:鳥取県智頭町行財政改革審議会会長、山梨県経済財政会議委員、第29次・第30次地方制度調査会委員(内閣府)、「町村議会のあり方に関する研究会」構成員(総務省)、全国町村議会議長会「議員報酬等のあり方に関する研究会」委員長、等を歴任。現在、マニフェスト大賞審査委員、全国町村議会議長会特別表彰審査委員、地方自治研究機構評議委員など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。