なぜ日本企業のビジネスは、もったいないのか

個数:
電子版価格 ¥1,728
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

なぜ日本企業のビジネスは、もったいないのか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年09月25日 11時00分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532320577
  • NDC分類 336.1

内容説明

潜在能力は高いのに、十分に実力を発揮できない日本企業。根幹には、グローバル市場での活躍を妨げる3つの障害がある。(1)ビジネス・イノベーションの仕組みが作れない。(2)画期的なアイディアを消してしまう日本的思考と環境。(3)優れたビジネスを生んでも、グローバル展開できない現状。シリコンバレーで30年近くにわたって活躍してきたビジネス・コンサルタントが多くの事例から解決策を提示する。

目次

プロローグ 日本企業を蝕む3つの障害
第1章 イノベーションの起こりにくい日本―技術革新がビジネスに結びつかない
第2章 画期的なアイディアを、誰が消してしまうのか
第3章 技術をビジネスに昇華させる思考法
第4章 勝者は誰もが、同じプロセスを踏んでいる
第5章 日本企業は、もっと強くなれる

著者紹介

黒田豊[クロダユタカ]
神戸市生まれ。1988年より米カリフォルニア(シリコンバレー)在住。早稲田大学理工学部電子通信学科卒業。米スタンフォード大学エンジニアリング・マネージメント工学修士。日本IBMおよびIBMアジア太平洋地域本部通信システムズ担当プロダクト・マネージャーを務めた後、SRIインターナショナル(旧スタンフォード研究所)プリンシパル・コンサルタント、アジア・プログラム・ディレクターを歴任。その後、ベンチャー企業2社で、アジア太平洋ディレクターを歴任。現在、カーディナル・コンサルティング・インターナショナル・マネージングディレクター(CEO)、株式会社コンピュータマインド社非常勤取締役、未来学園LLC理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)