創元推理文庫<br> ガニメデの優しい巨人

個数:
電子版価格 ¥804
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

創元推理文庫
ガニメデの優しい巨人

  • ウェブストアに26冊在庫がございます。(2022年08月13日 23時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 321p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488663025
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

木星の衛星ガニメデで発見された異星の宇宙船は2500万年前のものと推定された。ハント、ダンチェッカーら調査隊の科学者たちは、初めて見る異星人の進歩した技術の所産に驚きを禁じ得ない。そのとき、宇宙の一角からガニメデ目指して接近する物体があった。はるか昔に飛びたったガニメアンの宇宙船が故郷に戻ってきたのだ。『星を継ぐもの』に続く第2弾!

この商品が入っている本棚

1 ~ 5件/全5件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mae.dat

159
またホーガンワールド炸裂していた。前作『星を継ぐもの』も同じなんですが、前半はその世界観に馴染めなくって、修行モードに成るのですが、中盤から一気に視野が広がるし、その世界が超楽しいのね。ほんの少しのフィクションですが、驚きと興奮が連続した世界。( ¨̮ )‼︎。巨人達に幸あれ。 どうでも良い事なんですが、巨人は肩に乗れる位大きいと思ってました。読んでいて、あれ?あれ⁇って。2021/01/12

修一郎

156
前作のラストを忘れかけていたけど大丈夫。40年前の作品だけれども描かれた技術を見るとその適確な想像力に驚く。まさに今花開こうとしている技術ばかりだ。自己学習機能を備えるAI/ゾラックなんて今の最新鋭技術そのものだし機能を切った張ったできる遺伝子操作技術もそうだ。SFなのに生物学や言語学と言った宇宙旅行だけじゃない分野が入るのが刺激的だしガメニアンの善良な世界観のおかげで高度異星文明との遭遇が殺伐とならず明るく描写で優しい気持ちになれるのもお気に入りだ。第2作目も傑作SFを堪能した。3作目に参ります。2022/02/19

ちび\\\\٩( 'ω' )و ////

150
SF小説「星を継ぐもの」の続編。続編は前作で月で発見された5万年前の人間の死体の謎を解き明かし、それは遥か昔、火星と木星の間にかつて存在した〈惑星ミネルヴァ〉があったことを明示し、月はかつてその衛星であったというのだ、、、。そして木星の衛星ガニメデで発見された、氷に閉ざされた宇宙船。そして氷に覆われた8フィート(約2m44cm)もの大きさの異星人。これは2500万年前のものだと言うのだ、、、。そして彼方から近づいてくる未確認の宇宙船。ここからこの物語は始まる、、、。「巨人たちの星」シリーズ3部作の第2弾。2019/03/29

のっち♬

121
『巨人たちの星』シリーズ第2作。苦難の末に帰還したガニメアンと人類の交流。ミネルヴァへの地球生物持ち込みが焦点でダンチェッカーが大活躍。二重循環器構造という進化論が独創的。母星を破壊した末裔と物腰柔らかに接するガニメアンの描き方も特色。交流の様々な違和感をクライマックスで統合させるのが巧い。冷戦下での対比と宴には重いメッセージ性を感じる。双方の価値観を讃えつつ、欠点を補綴できる人類の「最悪の段階は通り越した」と言いたい著者の地球像は漠然としている。かつて利用して見放した相手に優しくできる時代は未だ程遠い。2022/07/23

chimako

116
悲壮な決心で旅立ったあの優しい巨人たちに、遠くの星からのメッセージを聞かせてあげたかった。17分、間に合わなかったけれど、きっと自分たちの末裔に出会えることを祈る。……我々はガニメアンの実験から生まれた失敗作だったのか。好戦的な人間の歴史にはそんなひみつがあったのか。それでも、彼らの想像を超える進化を遂げた人類を作者は巨人の声を借りて認め、その未来を説く。地球に降り立ったフレンドリーな彼らに会ってみたかった。『巨人の星』の謎解きを楽しみに読了。2015/07/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/527815

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。