光文社新書<br> 教養としての聖書

電子版価格 ¥869
  • 電書あり

光文社新書
教養としての聖書

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 335p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334038465
  • NDC分類 193
  • Cコード C0214

内容説明

今や宗教は基礎教養のひとつだが、実際に「聖書」を読み進めた人はどれくらいいるだろうか。本書では、六書をピックアップし、宗教社会学の大家がダイジェスト型式で解説。これを読めば、聖書の中身が七割方わかる!

目次

第1講義 『創世記』を読む
第2講義 『出エジプト記』を読む
第3講義 『申命記』を読む
第4講義 『マルコ福音書』を読む
第5講義 『ローマ人への手紙』を読む
第6講義 『ヨハネ黙示録』を読む

著者等紹介

橋爪大三郎[ハシズメダイサブロウ]
社会学者。東京工業大学名誉教授。1948年神奈川県生まれ。1977年、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。1995年~2013年、東京工業大学教授。東京工業大学世界文明センター副センター長などを務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

76
講義形式で著者と受講生の会話で進むので比較的わかりやすかったです。聖書から『創世記』『出エジプト記』『申命記』『マルコによる福音書』『ローマ人への手紙』『ヨハネの黙示録』の6章に視点を絞り、その内容を掘り下げる感じでした。ここはこんな感じ、というスタンスなのでちょっと軽めの解説書と言ってもいいかもしれません。簡潔に内容を説明し、それがいかにキリスト教徒に影響を及ぼしているかを考察しているので、馴染みのない人でも入りやすいと思います。聖書を読んだことのない人が大まかにつかむ教養としてはいいのではないかと。2016/08/29

Y

37
ダイジェスト版聖書といった感じの本書。黙示録ははじめて知ったけど、受講生の人がコメントしてたように私もとてもついていけなかった。悪い人に悪用される危険性を孕んでいると思った。やはり自分には仏教が肌に合うと深く感じ入った。受講生が素朴な疑問を投げかけるので、橋爪さんが他の著作では語らないようなことも聞けて良かった。キリスト教を知ることによって西洋の文化の根底にあるものに触れられるという意味で、キリスト教を学ぶのは大切なことのように思う。信仰という立場からではないが、これからもキリスト教に迫っていきたい。2015/04/26

非日常口

31
「7割わかる」というのは聖書の読み方がなんとなくわかってくるという意味に取った方が良い。佐藤優氏の神学講座が次第に踏み込んだ内容になり始めそうなので聖書から著者がセレクトした「創世記」「出エジプト記」「申命記」「マルコ福音書」「ローマ人への手紙」「ヨハネ黙示録」を『だいたいここはこんな意味なんだよ』という感じで対話形式で話が進んでいく。普通に読み物としても面白いが、今後も講座で出てきたら、その前後関係を辞書的に確認するような感じで今後も触れていくと思う。2016/05/18

saga

30
「教養」という言葉を過大評価してしまったようだ。講義形式という体裁は発想としては可である。しかし、新約部分の難解な引用は解説不足で難解なまま。軽い言い回しだけではダメなんだな。これなら阿刀田高のほうが判りやすい。もう少し宗教学的な話になるのかと思っていたのに……2016/07/12

ともかず

28
いろいろと元ネタにされがちな聖書。あのアニメとか漫画とか、わりと神話とか聖書とかから引用されがちらしいということを聞いて、読んでみたくなりました。元々は慶應大学の講義「聖書を読む」を親書として発行したものらしく、講義形式わかりやすいです。ただ、「ヨハネ黙示録」は終末を描いてるだけあってなかなかわかりづらかったです…。でも、旧約聖書、新約聖書の成り立ちや背景が、大雑把にでも知れて面白かったです。2020/02/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9559404

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。