ケンブリッジ世界の食物史大百科事典〈4〉栄養と健康・現代の課題

個数:

ケンブリッジ世界の食物史大百科事典〈4〉栄養と健康・現代の課題

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 453p/高さ 28cm
  • 商品コード 9784254435344
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C3361

目次

第1部 歴史、栄養、健康(栄養と死亡率の低下;栄養と死亡率の低下:もう一つの見解;栄養と感染:相乗的相互作用;飢饉;身長と栄養 ほか)
第2部 現在の食品に関する政策(国家、健康と栄養;食の権利;乳幼児の栄養のための食料助成と介入;推奨食事摂取量と食事指針;食品表示 ほか)

著者紹介

小林彰夫[コバヤシアキオ]
1933年神奈川県に生まれる。1958年東京大学大学院農学系研究科修士課程修了。茨城キリスト教大学生活科学部教授、お茶の水女子大学名誉教授、農学博士

鈴木建夫[スズキタテオ]
1943年宮城県に生まれる。1969年東北大学大学院農学系研究科修士課程修了。宮城大学食産業学部教授、食品総合研究所前理事長、農学博士

出版社内容情報

歴史的な視点で栄養摂取とヒトの心身状況との関連が取り上げられ,現代的な観点から見た食の問題を述べている。〔内容〕栄養と死亡率/飢饉/食物の流行/菜食主義/食べる権利/バイオテクノロジー/食品添加物/食中毒など