文春文庫<br> 噺歌集〈4〉

電子版価格 ¥499
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
噺歌集〈4〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784167319052
  • NDC分類 767.8
  • Cコード C0195

出版社内容情報

大晦日10時から元旦朝7時までの9時間を歌いしゃべり続け、新しく仕入れた話のタネやジョークを全部入れてしまった面白ライブ版

内容説明

1985年の大晦日夜から1986年元旦朝まで、神戸・ワールド記念ホールは異様な熱気に揺れました。さだまさしが9時間ぶっ通しで歌いしゃべり続けたのです。まさしもすごいがつきあった8000人の聴衆もすごい。この元気!情熱!この時、まさしの口からあふれた言葉を全部すくいとって、活字ライブ。

目次

1 ゆく年くる年in神戸コンサート生録
2 スペシャル・トーク・カプセル(渡る世間は話題が一杯;遊びをせんとや生まれけり;いつでもどこでもコンサート;血縁有縁;今日の後に今日はなし;幸せは電波に乗って;夢中で夢を夢みるほどに)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

二分五厘

0
1989.11.22

さっと

0
1985年大晦日から翌元旦朝まで行われたオールナイトコンサート(年越しライブ)の模様を活字化。今から30年前ということで、まっさんも、バックバンドメンバーもみんな若かった。朝方のアンコールで披露されたのがロックナンバー「胡桃の日」というから、盛り上がりは半端なかったようで。それから、半分以上はMC集になってますが、傑作と名高い「ジョーズ2」が活字で読めて、新鮮でした。2015/10/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2508561

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。