角川文庫<br> 誰かと暮らすということ

個数:
電子版価格 ¥594
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
誰かと暮らすということ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 218p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041006580
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

都会の片隅で不満や希望を抱える者たちを鮮やかに描く作品集

いつになったら、満たされるんだろう。誰に対して怒っているんだろう――都会の片隅でちいさな不満やささやかな希望を抱きながら生きる等身大の日常にやわらかなまなざしを投げかけるハートウォーミングストーリー!

内容説明

いつになったら、満たされるんだろう。誰に対して怒っているんだろう―実社会にしっくりなじめず、自分の居場所をさがしあぐねている人々。会社で同僚からも距離を置かれている同期の男女、倒産寸前の店を経営する夫婦、離婚してひとり暮らしを始めた女性…都会の片隅でちいさな不満やささやかな希望を抱きながら生きる等身大の日常にやわらかなまなざしを投げかけるハートウォーミング・ストーリー。

著者等紹介

伊藤たかみ[イトウタカミ]
1971年兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。95年、大学在籍中に「助手席にて、グルグル・ダンスを踊って」で第32回文藝賞を受賞し小説家デビュー。2000年、『ミカ!』で、第49回小学館児童出版文化賞受賞。06年、『ぎぶそん』で第21回坪田譲治文学賞受賞。同年「八月の路上に捨てる」で第135回芥川賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

353
どこか、拗らせちゃってるふたり(リアルだったら友だちになってない)の静かな恋愛。なにげない日常の会話や設定がとても好き。だからこそラストあたりの一緒に暮らし始めたふたりの、ベタベタ感が鼻について、そこだけは失速。わたし自身、ずっと一緒に棲みたいと思って叶わなかった彼がいて、彼のことを考えながら読んでたな。2018/06/05

papako

84
最近ハマり気味の伊藤たかみ。ミカママさんのレビューで。わー、なんか良かった。虫壁さんの感じ、身につまされるわ。こんな恋はしてないし、全然似てないのに、いつかの自分?って思った。セージさんの告白までが好き。ただ子供ちゃんふたたび、良かったねぇ。自分を振り返って、会社の寮から今の旦那とのマンション同棲と、いわゆる一人暮らしを経験しなかった。アパート借りてみたかったなぁ。今から借りる状況になるのは辛いけど。うん、なんか良かった。2018/06/19

☆ゆう☆

81
同期で家も近所の虫壁とセージが少しずつ距離を縮めていく様子を軸に、下井草に住む人々の日常を穏やかに描く連作短編集。不器用な大人たちが抱える孤独、距離感、寂しさが等身大で学ぶことが多い作品だった。もちろん誰かと暮らすのは楽しいことばかりではなく、時に苦しかったり難しいこともある。それでも一緒にいると救われたり守られていると感じられるから人は誰かと暮らすんだろうなあと思った。自分を必要としてくれる誰かと暮らすことで癒える孤独ってあると私は思う。だから二人の距離感と空気感がとても心地よかった。(iBooks)2014/05/05

79
タイトル通り、だれかと暮らすことを基に展開される短篇集。誰かと暮らすこと、それが家族、友人、恋人、色んな暮らしがある。そしてはじまりもあれば終わりだってある。そういったことが描かれていてどれも印象的な作品ばかりでした。一緒に住むことで、ほとんどの時間も場所も共有することになる、それが明るい未来に繋がるのか悲しい未来に繋がるのかなんてわからないけど、でも自分にとってとても大きなことなんだと思う。個人的には最後のお話が好き。別れによってその土地への気持ちも変わってしまう。寂しいようなやるせないような。2015/01/25

七色一味

74
読破。誰かと暮らすということ、誰かと暮らすことを続けるということ、そして、誰かと暮らしたということ…。心にしみ込む情景は、多くを語るまでもないかと…。オススメです。2013/04/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5752395

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。