角川新書<br> 爆買いされる日本の領土

個数:
電子版価格 ¥864
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川新書
爆買いされる日本の領土

  • ウェブストアに69冊在庫がございます。(2017年12月17日 08時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 255p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784040821405
  • NDC分類 334.6
  • Cコード C0231

内容説明

日本は外国人の土地取得に規制がない、世界でも稀有な国だ。対馬の韓国人による買い占めを追っていた著者は、北海道でも中国人による買収が進んでいると聞き、すぐさま現地へ向かう。風光明媚な名所や水源地、安全保障上重要な港…大規模な土地取得が進んでいた。一方で、過疎に苦しむ地域の人々の「買ってくれるなら」という声は重い。知られざる現状をレポートする。

目次

第1章 閉鎖的な自己完結型集落
第2章 虫食いが進む北の大地
第3章 チャイナタウン化する過疎の町
第4章 こんなに簡単でいいのか、中国人の永住権取得
第5章 長期的視野での日本侵攻
第6章 いつまで続く、領土の買収

著者紹介

宮本雅史[ミヤモトマサフミ]
1953年生まれ。産経新聞東京本社編集委員。慶應義塾大学法学部卒業後、産経新聞社入社。90年、ハーバード大学国際問題研究所に訪問研究員として留学。93年、ゼネコン汚職事件のスクープで新聞協会賞を受賞。司法記者クラブキャップ、警視庁記者クラブキャップ、社会部編集委員、那覇支局長などを経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

北海道が中国の32番目の省に? 合法的に進む土地買収、経済侵攻も野放し

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件