MF文庫J<br> Re:ゼロから始める異世界生活〈20〉

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

MF文庫J
Re:ゼロから始める異世界生活〈20〉

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年05月21日 05時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 322p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040657950
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

大人気Web小説、第二十幕。

内容説明

『強欲』と『憤怒』の大罪司教が陥落し、なおも戦いの続く水門都市。冴えた銀の月に見守られながら、各地の仲間たちの奮戦が火花を散らす―!『暴食』たちの尽きぬ食欲が、『色欲』の満たせぬ情欲が、『八つ腕』の滅びぬ闘争心が、そして『剣聖』の終わらぬ宿業が都市の安寧を脅かし、一つ、また一つと苦境へ陥っていく王選陣営。敗色濃厚の戦況を変えるのは、かつての誓いと友との約束。そして、赤く燃ゆる炎の如き『剣聖』で―。『実は一目惚れだったんですなんて知ったら、あなたはどのぐらい驚いてくれましたか?』大人気Web小説、終結と開幕の第二十幕。―願わくば、貴方にせめてもの安らぎを。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

67
第5章完結という事ですけど、まだまだ終わりが見えないストーリー。アッチでもコッチでも盛り上がって面白い。2021/04/14

よっち

45
『強欲』と『憤怒』の大罪司教が陥落し、なおも戦いの続く水門都市。冴えた銀の月に見守られながら、各地の仲間たちの奮戦が火花を散らす第二十弾。思わぬ形で果たされた剣鬼の過去の因縁の決着は、 アストレア家家にとっていろんな意味で何ともほろ苦いというか、ヴェルヘルム的には伝えるべきことは伝えられたというべきか...それ以外も決着こそついたものの謎多きプリシラ陣営の不気味さだったり、ユリウスやアナスタシアのことだったり懸念すべきことはたくさんあって、これから挑む新章がどういう展開を迎えるのか続巻に期待ということで。2019/08/12

まっさん

40
★★★★☆ 5章完結。大虎と八ツ腕・剣鬼と剣聖の闘いを軸にその他の闘いを描いた今巻では、全てにおいて平和的に解決出来たとは言い難く、望まぬ再会を強いられた者・その存在を奪われた者など大きな代償を支払わなければ得る事が出来なかった勝利であった。未だかの青髪の少女を救うには至らず、新たな犠牲が出てきてしまうことに…果たして「賢者」によってこの問題は解決されるのか。ラインハルトでさえ攻略に失敗したその難題をどのように乗り越えていくのか。今からとても楽しみである。そういうば今章では死に戻りほとんど使わなかったね…2020/03/08

まりも

36
水の都を舞台に繰り広げられる死闘を描く第5章完結となるシリーズ第二十弾。勝ったのに素直に喜べない。これまでも章の終わりで全てが解決して万々歳という訳ではなかったが、今回のように勝利を収めたにも関わらず虚しさみたいなものを感じてしまうことは無かったように思う。剣聖の一族の関係にどうしようも出来ない亀裂が生まれ、ユリウスは親しき人々との関係を断ち切られる。多くのものを失い、その代償に得た勝利がもたらすものとは何なのか。スバルが胸に抱く「強欲」な望みが叶う日は来るのか。これからの展開が楽しみでもあり怖くもある。2019/06/29

かんけー

34
読了♪カラー扉絵のレムの笑顔を見た瞬間?ポロポロと落涙の自分が...然し?善く見ると!暴食の大罪司教で(^_^;)ベアトリスの叫びに納得し、読んでる自分迄憎悪の思いに駈られる。ガーフィールとクルガンの闘将としてのプライドのぶつかり合いが壮絶な結果に納得!描写のいびつさと辛辣さはこの作者の十八番なのでもう慣れてwwヴィルヘルムさんとテレシアさんの残酷過ぎる再会と対峙に言葉なく。その結末にまた涙し、オットーの意外な健闘に拍手し、魔女教の出鱈目さにw驚愕と呆れはてが同居し、ホントの極悪とはこいつらの代名詞だなぁ2019/06/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13905376

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。