家族心理学―社会変動・発達・ジェンダーの視点

個数:
  • ポイントキャンペーン

家族心理学―社会変動・発達・ジェンダーの視点

  • 柏木 恵子【著】
  • 価格 ¥3,456(本体¥3,200)
  • 東京大学出版会(2003/04発売)
  • 【ウェブストア限定】リニューアル記念キャンペーン ※店舗受取サービスはキャンペーン対象外です。
  • ポイント 64pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年07月23日 18時12分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 346p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130120401
  • NDC分類 367.3

内容説明

いま激動する社会に最適なかたちを模索して試行錯誤する日本の家族。進化心理学、文化心理学など新たな視点をも統合した、新しい家族心理学。

目次

第1部 家族とその起源・進化・発達(家族とは?;家族の起源・進化・発達)
第2部 家族の諸相(結婚への態度と行動;恋愛と配偶者選択;結婚生活と夫婦関係;親子の関係)

著者紹介

柏木恵子[カシワギケイコ]
1932年千葉県に生まれる。1955年東京女子大学文理学部心理学科卒業。1960年東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。教育学博士。専攻、発達心理学。現在、文京学院大学人間学部教授。東京女子大学名誉教授

出版社内容情報

家族をめぐり続発する“問題”――育児不安,晩婚・少子化,変化する夫婦関係,家族内のジェンダー問題――.いま日本の家族を生きるとはどういうことか.<近代家族の終焉>が言われる現代の家族に,文化心理学,進化心理学などの手法を総合してせまる.