電撃文庫<br> レプリカだって、恋をする。3

個数:1
紙書籍版価格
¥792
  • 電子書籍
  • Reader

電撃文庫
レプリカだって、恋をする。3

  • ISBN:9784049153439

ファイル: /

内容説明

オリジナルがやりたくないことを押しつける身代わり、〈レプリカ〉だった私だけど、その役割を失って。

「素直が何を考えてるか分からなくて、怖い」

 そんな思いを抱えながら、季節は冬に向かっていく。

 素直が修学旅行に行っている間、私はアキくんと一緒に、リョウ先輩の故郷・富士宮へ行くことになった。それぞれ別々の場所で、はじめての旅を楽しみつつ、レプリカの仕組みの謎を紐解くピースを拾い――。
 そして私は、素直が秘めた思いと、知らなかった真実と、向き合うことになる。

――ナオと素直。それぞれの視点から描かれる、転機の第3巻。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

58
驚きの3巻目。そうだったのか! ファンタジーでありながら、同時にこんな展開になっていくとは思わなかった。レプリカ視点から描く物語として、自然にナオに肩入れしながら読み進めていたのだが、それもそのはず。作者の構築した世界観(という言葉でいいのかな?)の巧みさに圧倒された巻となりました。ここにきてオリジナルである愛川素直の視点から物語をふり返ると、今までのストーリーがつながっていき、一つ一つのことがすべてうなずけることにびっくり。一冊目からすでに惹かれるものがあったけど、これはすごい作品になる。次巻が楽しみ。2023/12/12

よっち

40
やりたくないことを押しつけるのを止めると告げた素直。しかし身代わりだったはずのナオはその役割を見失ってしまい、季節が冬に向かってゆく中、アキと一緒にリョウ先輩の故郷・富士宮へ旅行する第三弾。リョウ先輩の衝撃的な最期から立ち直れないまま、宙ぶらりんな状況を過ごしていたナオ。素直が修学旅行に行っている間にそれぞれ別々の場所で、初めての旅を楽しみつつ、レプリカの仕組みの謎を紐解くピースを得る二人。レプリカ便利だなと思う場面もありましたけど(苦笑)思わぬ形で急展開を迎えてナオはどう選択するのか続きが気になります。2023/12/08

assam2005

26
2巻で焦点が当てられた「レプリカとは何なのか?」という問に、3巻で解答が提示される。ちょっと待てー!!何なの、このドキドキは!!2巻の文化祭、3巻の修学旅行。恋人・アキとのかけがえのない時間が、自分として生きることの大切さをくっきりと浮かび上がらせる。一人の先輩の「これは僕だけのものだ。他の誰かに、たとえ僕の分身が相手だろうと、譲ってたまるか」という言葉に、心が、気持ちが引っ張られる。幸せも、思い出も、苦しみも、悲しみも、自分ならではのもの。それら全てを糧とする強さに心が震えた。2024/03/07

なみ

22
シリーズ3作目は修学旅行編。 素直とナオは、それぞれの行き先で様々な体験をする。 2人とも、1巻のときからすごく成長してて嬉しくなりました。 吉井と同じ班になりたい! 枕投げではしゃぐ望月先輩が可愛い……。 終盤では、素直のナオに対する思いに涙が出そうになりました。 行動で示した姿が格好良かったです。 また、レプリカの秘密が明らかになり──。 次巻以降、どんな展開になっていくのかが気になります。2024/01/20

冬野

19
シリーズ第三作。うわーこれは辛い…前巻と同じかそれ以上に。二種類の修学旅行がナオと素直の二視点で綴られ、高校生らしいやり取りや楽しげな牧場での様子や枕投げにほのぼのしていたら最後に特大の波乱が。落差と緩急の付け方が巧すぎるんだわ。素直が同級生に告白されるシーン、男性向けラノベでよくこれだけシビアに書くなあと思う。やっぱり苦い感情も読者に味わってほしいよね、分かる気がする。そして終盤に明かされる素直の真意と、レプリカの性質。これはどちらに転んでもしんどいな…全員が幸せになる道あってくれ、頼む。星:5/52023/12/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21649853
  • ご注意事項
 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす