まんがタイムコミックス<br> 孔明のヨメ。 15巻

個数:1
紙書籍版価格
¥825
  • 電子書籍

まんがタイムコミックス
孔明のヨメ。 15巻

  • 著者名:杜康潤【著】
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • 芳文社(2023/09発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784832259133

ファイル: /

内容説明

長江の上、離れても切れぬ絆の鎖。後に「赤壁の戦い」と呼ばれる劉備・孫権の同盟軍と曹操軍による大戦が始まった。緒戦は無事、勝利を収めた同盟軍。曹操軍の圧倒的な兵数と堅牢な守備を崩すため大胆な敵情視察の方法を周瑜は提案する。月英と孔明に与えられた役目とは…!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

陸抗

23
赤壁の戦いに向けての、曹操軍への仕込みの凄まじさ。でも、月英と共に尚香まで敵軍に付いてったらダメでしょ。周瑜も魯粛も、胃が痛いだろうなぁ。2023/09/17

美周郎

12
演義だとこの辺は諸葛亮を持ち上げるために魏軍全体を(後に周瑜も)凡庸に書きすぎてちょっときつい、この作品の「既生瑜、何生亮」はどう料理されるのだろう。2023/10/02

甘栗

2
感想書くの忘れてた。孔明、ホウトウ、除庶・・・。ヨメちゃん大活躍の巻はこのマンガならでは。赤壁はやっと苦肉の計か。曹操派としてはせめて散り際までカッコ良く(←死なないけど)。2023/11/05

安曇礼

1
赤壁前哨戦。ここのところシリアスが増えたとはいえ、基本はやはり4コマコメディ。マイペースな孔明さんと意外に(笑)常識人なヨメちゃんのブレなさが良き。と、孔明さんにはヨメちゃんLOVE増しマシにヨメ自慢が加わったところが、さらに良き。2024/06/08

huchang

1
三国志好きの甥っ子に送った。この間感想を聞いたら「すごい丁寧に描いとる…」「エピソードとか」ということだった。続きを送るかどうか聞いたら、読みたいと言っていた。そもそもあまり口数の多い子ではないし、何か聞いてもすぐに言葉が出てこないのだが、その彼が感想をすぐ言葉にするのを見てると、私にとって何度もおいしい作品。2023/09/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21439460
  • ご注意事項