メディアワークス文庫<br> 迷子宮女は龍の御子のお気に入り ~龍華国後宮事件帳~

個数:1
紙書籍版価格
¥770
  • 電子書籍
  • Reader

メディアワークス文庫
迷子宮女は龍の御子のお気に入り ~龍華国後宮事件帳~

  • 著者名:綾束乙【著者】
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • KADOKAWA(2023/01発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784049148923

ファイル: /

内容説明

第7回カクヨムWeb小説コンテスト、〈恋愛部門〉特別賞受賞の新・後宮恋愛ファンタジー!

 失踪した姉を捜すため、龍華国後宮の宮女となった鈴花。ある日彼女は、銀の光を纏う美貌の青年・コウレン(※)と出会う。官正として働く彼の正体は、皇位継承権――《龍》を喚ぶ力を持つ唯一の皇族だった!
 そんな事実はつゆ知らず、とある能力を認められた鈴花はコウレンの側仕えに抜擢。後宮を騒がす宮女殺し事件の犯人探しを手伝うことに。後宮一の人気者なのになぜか自分のことばかり可愛がる彼に振り回されつつ、無事に鈴花は後宮の闇を暴けるのか!? ラブロマンス×後宮ファンタジー、開幕!

【登場人物】
・鈴花(りんか)
人の纏う「色」が視える不思議な目の持ち主。
健気で努力家だが方向音痴が悩みの種。

・コウレン
皇位継承権を持つ絶世の美青年。しかし現皇帝との関係は微妙なようで……。
心優しい鈴花に次第に惹かれていく。

※コウレン:「王へんに光」「王へんに連」

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐっち

16
後宮で行方不明になった姉を探しに来た鈴花は、気が見える能力の持ち主で、宮女の連続殺人の捜査に協力させられることになり…。気や宦官のシステムが独特で、それを生かした推理ものになってるのが新鮮でした。2023/02/04

てみさま

7
色々気になることもあるけれど、一件落着後の激甘な溺愛ぶりにウヒョーってなった。とりあえず今は宦吏蟲があって助かったね、鈴花(笑)2024/02/15

栗山いなり

7
失踪した姉を探すために宮女になった鈴花が美貌の青年・コウレンと出会った事から始まる後宮ファンタジー小説。オーソドックスなシンデレラストーリーだけどそこにミステリー要素が加わった物語だった印象。しかし終盤はこっちが恥ずかしくなるほど甘かった2023/02/18

あずとも

6
失踪した姉を捜す為後宮の宮女となったヒロイン。人の気を色として見える能力がヒーローにバレて宮女の連続殺人の捜査に協力させられることに。宦官や気のシステムが独特で面白い。犯人が動機は予想外だったけれど登場した時から分かりやすかったかも。生活に支障が出る程の方向音痴以外は凄く良い子なのに親含め周囲からずっと虐げられているヒロインが可哀想すぎて最後に恋が実って本当に良かった。2023/02/11

4
とにかく、ヒロインが方向音痴。。。ヒーローがとてもイケメンなのはよく分かりました(笑)が、せっかく主人公が特別な能力を持っているなら、もっと力を発揮して欲しかったです~。ヒロインに対して周りが冷たすぎて可哀想でした。設定がものすごくもったいないなーと思いました。2023/06/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20505746
  • ご注意事項