GA文庫<br> 厳しい女上司が高校生に戻ったら俺にデレデレする理由3 ~両片思いのやり直し高校生生活~

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

GA文庫
厳しい女上司が高校生に戻ったら俺にデレデレする理由3 ~両片思いのやり直し高校生生活~

  • ISBN:9784815611354

ファイル: /

内容説明

「どうして二人が知り合いで、それを私に隠していたの?」

会社員から高校時代にタイムリープした七哉だったが、二学期、昔と同じように透花から呼び出しを受けていた。
あなたへの恋愛相談をお兄さんにしてました、なんて言えない。

そんな騒がしい毎日の中、七哉に一通のメールが届く。
「オフ会に参加してもらえるとうれしいです」
それは、高校時代、七哉が唯一、告白された相手、後輩の小栗からの誘いだった。
行くべきか悩む七哉だったが、それを透花と琵琶子に知られてしまい、なぜか一緒に行くことに!?
徳山銀次郎×よむが贈る、両片思いラブコメディ第3弾!

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

41
透花に琵琶子たちも加え騒がしい毎日が続く中、七哉に後輩の小栗からオフ会参加のお誘いメールが届く第三弾。高校時代、告白された相手からの誘いに行くべきか悩む七哉。それを透花と琵琶子に知られ、三人で一緒にオフ会に行く展開でしたが、遊園地に高校の文化祭といったイベントも絡めながら、ぐいぐい来る小栗の積極性に気が気でなかったり、うっかり桃源郷を見つけてしまった透花が微笑ましかったですけど、いろいろ難しく考え過ぎな七哉と恋には鈍い透花が空回りしているうちに、思ってもみなかった結末が待っていましたね…これは続巻に期待。2021/07/14

星野流人

40
今回の新キャラは七哉がネトゲを通じて知り合った年下の女の子、右色小栗ちゃん。控えめな性格ながらも七哉にたびたびアピールをする、いまいち報われない系後輩……という感じの印象でした。タイムリープ前にも、そしてやり直し後の今回も七哉への告白イベントがあるのですが、そこでの展開が非常におもしろかったです。前述の印象をガラリと塗り替えるほどの小栗ちゃんイベントが発生して、俄然続きが気になりました。アナザーローグで、世界が一変するような感覚でした。2021/09/22

サケ太

14
今までの謎が一気に解明されてしまった。二人の関係性はどうなってしまうのか。かなり次巻が待ち遠しい。2021/07/27

nishiyan

10
波乱の夏休みが終わったものの、どこかぎくしゃくしている両片想いの七哉と透花。そんな七哉の元に高校時代に唯一告白された相手である右色小栗からオフ会の誘いが来る本巻。オフ会、遊園地を経て、お互いの気持ちにきちんと向き合い始めた二人の前に現れた小栗。彼女の積極的なアプローチが彼らの心をかき乱し、かえって想いを強くする展開は実に面白かった。タイムリープで生じた違和感など積み残された謎も明らかにされ、物語は両片想いから七哉を巡る争いへと新たな軸ができた点は興味深い。二人の関係はどうなるのか。次巻が楽しみ。2021/07/29

真白優樹

7
琵琶子も仲間に加わり日常が更に騒がしくなる中、かつて告白された後輩、小栗からオフ会に誘われる今巻。―――還り来て、汝は何のために光を目指す? 起承転結における転、相変わらず七哉と透花がもだもだと遠回りしながらも向き合おうとする中、小栗という恋敵が現れ舞台をかき乱す巻であり、ラブコメが恋敵を迎え本格的に動き出す、本格的に過去の景色が変わり出す巻である。果たして、誰にとっても未体験のイベントばかりが起きる二周目の高校生活は、どんな方向へと向かうのか。その恋の行方は何処へ向かうのか。 次巻も勿論楽しみである。2021/07/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18131707

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。