GA文庫<br> 厳しい女上司が高校生に戻ったら俺にデレデレする理由 ~両片思いのやり直し高校生生活~【電子特装版】

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

GA文庫
厳しい女上司が高校生に戻ったら俺にデレデレする理由 ~両片思いのやり直し高校生生活~【電子特装版】

  • ISBN:9784815607494

ファイル: /

内容説明

冴えない会社員の下野(しもの)は上司である課長、上條透花(かみじょう とうか)に頭が上がらない毎日。
そんな、ある日、彼は高校時代へタイムリープ。
これはチャンスと高校の先輩だった憧れの課長へアプローチする下野だったが、課長が別人のようにデレデレJKに変貌!?

実は課長、上條も下野と同じくタイムリープ。
彼女は自分だけがタイムリープしていると思い、本当はずっと好きだった下野へ、ここぞとばかりにデレていたのだった。
「あなた、もしかして、し、下野くん!? 第一営業部の下野くん!? ああ、恥ずかしすぎて、しぬうう!」
タイムリープから始まる両片思いラブコメディ!

電子版には特典ショートストーリー「上條透花の遅刻の理由」を収録!

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

41
上司で課長の上條透花に頭が上がらない毎日を送る冴えない部下・下野。ある日二人で飲んでいた彼が、透花と一緒に高校時代へタイムリープするやり直しラブコメディ。これはチャンスと高校の先輩だった憧れの透花へアプローチする下野、実はずっと好きだった下野へここぞとばかりにデレる透花。真相が判明した時の透花のくっ殺系ヒロインっぷりには笑いましたが、両片想いなのにどこか会社員時代の感覚が抜けきれない二人は、友人や幼馴染・妹を巻き込みながらの展開でもやや空回り気味で、いい感じになり切れないその距離感がなかなか良かったです。2020/10/14

芳樹

32
会社員の七哉の上司は、高校時代密かに憧れた先輩の透花。ある晩二人のサシ飲み帰り、立ち寄った神社で祈る。「高校時代に戻って先輩と仲良くなりたい」翌朝目覚めれば願いかなって高校時代にタイムリープ!27歳の記憶を持ったまま強くてリスタートと意気込み透花先輩にアタックすれば、なぜか透花は七哉にデレデレしており…。非常に面白い青春やり直しラブコメです。幼なじみの奈央、友人の鬼吉、妹の小冬も魅力的でとても良いキャラ。よむ先生のイラストもピッタリ。すれ違う両片思いの七哉と透花ですが、いつか互いに想いが届くことを願って。2020/10/19

まっさん

30
★ 予め言っておくと今回はかなり酷評寄りの感想。久しぶりに最後まで読むことが出来ずに途中で断念してしまった今作。とにかく全ての要素が自分には合わず、読み進めるのに本当に手こずってしまった。何より不満だった所はどのキャラクターにも全くと言っていいほど好感が持てなかった所。主人公は中途半端に鈍感系、ヒロインは(個人的に)あまり可愛らしさを感じられない天然系、友人枠に頭の悪そうな言動にも関わらず何故かモテ男という設定の男友達と中盤までは好感が持てたものの、途中からただの賑やかし要員になってしまった女友達。→2021/01/28

星野流人

26
会社の先輩後輩関係であり両片思いの上條さんと下野くんが、高校時代にふたり揃ってタイムリープするお話。なんでこれでお互い両片思いのままなのかってくらいに好意ダダ漏れ、デレデレ全開の上條さんが可愛いので、ラブコメとしてはその時点で大勝利です。加えてふたりが元々大人であるという点から、他の友人たちへの立ち居振る舞いにも説得力が増してて良かったです。ラブコメとしては質が高いので、タイムリープの側面からも今後の展開に期待が高まります。それにしても「上條透花」って名前、8割幻想殺し……いや、なんでもないです2020/10/20

サケ太

24
めっちゃいい両片思いもの。優秀な上司と彼女に憧れる後輩。二人はかつて同じ高校に通っていた。が、そこからの繋がりを互いに言い出せぬままに、関係性は進展しない。そんな二人がタイムリープ。互いにかつての後悔を覆そうと行動を開始する。個性豊かな友人や家族たちに囲まれて、近くにいるのにすれ違う二人がもどかしい。二人のキャラも魅力的で、続きの早く読みたくなる作品。2020/10/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16377320

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。