バンチコミックス<br> ケーキの切れない非行少年たち 2巻

個数:1
紙書籍版価格
¥726
  • 電子書籍
  • Reader

バンチコミックス
ケーキの切れない非行少年たち 2巻

  • ISBN:9784107723741

ファイル: /

内容説明

境界知能の非行少年たちの診察をする主人公医師・六麦は、女子少年院で少女たちも担当していた。出会ったのは15歳で妊娠し少年院で出産する門倉恭子。その情緒の不安定さとパニックには原因があった! そして新たに少年院に入所した少年・出水亮一は幼児への性犯罪を犯していたのだった――!! 知的ハンディと、非行や異常行動の問題を明らかにする大ヒット新書の漫画化、第2巻!!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

りらこ

22
目を背けて避けて通りたいようなケースばかり。家庭内虐待が常態化している家の中。母親も父親も暴力。そこから出産。父親が誰なのかは不明。虐待の連鎖が起きそうになるが、これは救われるケース。虐待が続く家庭はそのままだが。それから性犯罪の少年。これはこの後どうなるのか3巻に続く。根本の解決は難しいのだろうか。自分の状況を把握できない少年。認知に問題がありながら、非行を犯す。問題があるから正邪の別が無い、というわけでもなさそう。無力感が起きる。2022/07/12

12
出産した恭子さんの成長ぶりが嬉しいなぁ。娘さんも笑顔で、一緒に自転車乗る姿。頑張ってほしいなぁ。2022/09/01

ミロリ

7
子供を育てる能力が劣っているのに子育てをする人たち。そんな人の元で育つ子供がいずれ犯罪者や、ちょっとした悪ガキにならないと良いな。2023/09/19

tamako

6
少年院の話ではあるけど、刑務所も同じなんだろうなあ、と想像するなど。彼らを救うには、精神障害や知的障害の等級を広げて、幅広く支援できるようにするのが良いようにも思うのだが。海外でどうなってるのかも気になる。2022/08/07

かなっち

6
知能が低い子供だから毒親になるのか、毒親だから知能の低い子共がもっと酷くなるのか…。預かった孫をいきなり怒鳴った祖母に、唖然となりました。虐待になって死んじゃったら…なんて心配してましたが、何とかお母さんと暮らせるようになったようで安心しました。ニュースになってないだけでこういう家庭はあるんだろうなぁと思うと、胸が苦しくなりますね。そして次の話は性犯罪で、こちらもシンドクなります。発達障害などで「少年院に入る」という意味が分からない少年に、どうやって罪だと理解させるのでしょうか…。2021/05/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17702137
  • ご注意事項