講談社文庫<br> 奇譚蒐集家 小泉八雲 白衣の女

個数:1
紙書籍版価格 ¥814
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

講談社文庫
奇譚蒐集家 小泉八雲 白衣の女

  • 著者名:久賀理世【著】
  • 価格 ¥814(本体¥740)
  • 特価 ¥569(本体¥518)
  • 講談社(2021/01発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065219409

ファイル: /

内容説明

若き日の小泉八雲が大英帝国で出会う怪異と謎。

父母を亡くし辺境の寄宿学校に編入したオーランドは、この世の怪を蒐集する少年ラフカディオ・ハーン――小泉八雲と出会う。彼の故郷アイルランドで休暇を送る二人は、死を呼ぶ≪女の妖精(バン・シー)≫があらわれる館を訪ねる。旧家に隠された一族の秘密とは。
のちに日本に帰化し、『怪談』を著す八雲若き日の青春奇譚!

仄暗い生と死の境界領域を、彷徨わざるをえない宿命を負った二人の若者。かれらが遭遇するミステリアスな事件と、その意外な真相とは?──東雅夫(解説より)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sin

79
怪に依存しない、ちゃんとした物語が綴られている。『怪談』の八雲がタイトルで、副題にはあの『黒衣の女』を連想させて読み手にはゴーストストーリーを強く意識させるが、実は扱う怪異は物語の要素でありながらその現実感を損なわない塩梅の良さを感じさせて…〈バン・シー〉〈チェンジリング〉〈顔のない従姉〉物語の中にあって必要不可欠で、その上怖さと共に巻末の参考文献の数々からも伺えるように伝承の裏付けも備えて構成されている。よい意味で裏切られたと云えました。2021/02/13

mahiro

33
この世ならざるモノが見えるパトリックと学友のオーランドが冬の休暇にダブリンの実家に戻り怪奇な事件に巻き込まれる。若きラフカディオ・ハーンが主人公の物語だが、序章灰色の海を渡る船の中で幻を見る辺りから引き込まれた。バンシーとか陰鬱な墓地を望む館など設定も好みだし、現実と怪奇が入り交じる展開も良い、随分読みやすいと思ったら作者はラノベを書いている人らしい、本作も若きハーンシリーズ3作目。こういう事件物には気の合う、或いは反発し合う相棒2人が主人公と言うのが定番なのかな、そう言う設定多いな2021/05/29

リラコ

24
好きだこのシリーズ。ひんやりと冷たい空気と、うっすらと靄のかかった世界。そこから浮かび上がる少年2人友情。あちらとこちらの境界が曖昧ななか、不思議な事件?にめぐりあい、というか引かれていき解決に向かう。今回はアイルランドに渡る船上から話は始まる。隠されたテーマ、家族の絆やモノに宿る想いなどについても並行して盛り込まれ、不気味さは感じない。3巻目と思ったら、講談社文庫に移行していてYAではなくなっている?次もこの2人の活躍を読みたい。2021/01/19

すがはら

23
ロビンのように普通に意志疎通して活躍する怪異がある一方で、怪異を信じつつも偽装してみせる人がいたりと現実と不思議が曖昧に混ざり合うところが何とも不思議な世界観。不思議な話を集めていると積極的にアピールし出して、ようやく小泉八雲っぽさが出てきました。目の病気ってそんなに大したことではなかったのかな。2021/04/04

きょん

20
タイガから講談社文庫に移ってのヤング小泉八雲シリーズ3作目。今回はパトリックの故郷アイルランドの休暇編。バン・シーなどケルトの雰囲気のなかに、クリミア戦争やIRAなど今に続く民族紛争の火種も織り込まれていて興味深い。時代物を読んでいると、男性しか財産を相続できない時代の悲劇をよく見るけれど、つくづく現代に生まれて幸せだと思うな。2021/02/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17111363

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。