オーバーラップノベルス<br> 現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変 1

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

オーバーラップノベルス
現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変 1

  • ISBN:9784865547429

ファイル: /

内容説明

2008年9月15日、リーマンショック勃発。
ある女性もまた時代の敗者となり――現代を舞台にした乙女ゲームの悪役令嬢・桂華院瑠奈に転生!?
時はバブル崩壊後の金融機関連鎖破綻前。
少し違う歴史を歩んだ世界で過ごす瑠奈は、大学進学に悩むメイドをきっかけに桂華グループの財政状況を知る。このままでは破滅の一途を辿るばかり。
身内を救うべく執事の橘と向かった極東銀行で一条支店長を巻き込み、瑠奈は前世の知識を元にハイテク関連の投資を行う。そうして得た莫大な利益で、これからの生活に安堵したのもつかの間――。
「助けてください。お嬢様」
北海道開拓銀行に勤める銀行員の土下座から訪れた日本経済最大の試練――不良債権による連鎖破綻の悪夢が襲いかかる。
「ならば、手は一つしかないわ」
報われないかつての『時代』の流れに抗うため、瑠奈が打つ起死回生の一手とは……!?
「小説家になろう」発、現代悪役令嬢日本再生譚!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しまふくろう

28
表紙が可愛くて購入。挿絵も良かった。 物語は現代が舞台の乙女ゲーム世界に転生した主人公が経済界を生き抜く話。乙女ゲーム要素は欠片もないタイトル詐欺作品で、どっちかというと過去に戻って現代知識で経済界無双する話。なので、バブルだの拓銀だのリーマンショックだのニュースで聞いた事がある事件や物件が出て来て面白い。本編が面白いのでタイトル詐欺も許せる気持ちになる、ちょっと珍しい作品。 話はどこまで進むのか、どういう結末になるのか続きが楽しみ。2020/11/29

サケ太

22
どのような展開を見せていくか非常に興味深い。「悪役令嬢」の家業はなんなのか。転生し、歴史が多少違う世界ではあるものの、彼女の予期せぬ様々な出来事に対処していく主人公が頼もしい。経済ものとして、主人公に変えられていく人々の群像劇として楽しい。2020/10/25

ℳℯ

20
★★★★☆ なろう連載時から気になっていたシリーズ。イラストが私好みでこれを機に読んでみることに。現代社会の悪役令嬢に転生した桂華院瑠奈が、乙女ゲーム要素ゼロパーセントの政治無双をする話。転生前での知識や地頭の良さで大人の事情が見え隠れする政治家とやり合っていくところはまさに圧巻。この頃の知識があれば恐らくもっと楽しめたのだろうなと思った。二巻読むまでに勉強せねば…。また、完全にジャンル詐欺なのでタイトルや出版社が違っていれば大バズしてたんだろうなあとは思った。そういう点では勿体ないかなと。→2021/06/22

うっかり呑兵衛

20
Web版未読……だったが、これを読んだ勢いそのままにWeb版を最新回まで既読。「令嬢」をプレイヤーとした「失われた20年」を覆す架空経済戦記ものという印象。元ネタが察せられると嬉しくなる。また、華族制度や財閥などが現代に生き残っている等のよく練られた設定の数々にもワクワクする。是非続いて欲しいシリーズ。2020/12/18

のれん

20
悪役令嬢って何だっけ……? 現代のマネーゲームを舞台に自らの地位を確立するって令嬢というか女王やん。 しかも財閥だから最早ドン。某佐藤大輔のような情報戦を描いていて、バブル崩壊について知っていると、サラッと説明される環境の切実さが伝わる。 またこの手の作品のお約束として妙に関わるオッサンが格好いいのもあって、満州の油田に夢見た男なんて表紙から想像もできない骨太さがあった。 展開のレールは悪役令嬢ものなのだろうけど、舞台をバブル崩壊からリーマンショックまでの経済劇としてみるとどこまで化けるのかワクワクする。2020/10/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16703516

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。