空電の姫君(2)

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader

空電の姫君(2)

  • 著者名:冬目景【著】
  • 価格 ¥671(本体¥610)
  • 講談社(2020/07発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065201428

ファイル: /

内容説明

伝説のロックバンドのギタリストを父に持つ女子高校生・保坂磨音(ほさかまお)はアマチュアバンド「アルタゴ」のメンバーになる。歌が上手くて美人でミステリアスな親友・支倉夜祈子(はせくらよきこ)も絡んで練習やライブに挑む彼女の青春漫画。アルタゴのリーダー高瀬の引っ越しを手伝って新居となった古い一軒家を改装。バンド活動の拠点ベースと名付ける。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐうぐう

14
夢を都合よくドラマに利用するのではなく、日常を丁寧に描くこと。「ここはやっぱり音楽のお金は音楽で稼ぐ! ライブハウスにお客を呼ぶ!」「なにを今更 それができれば苦労しないの」経費の問題等も含めて、現実的なハードルが横たわっているが、この日常にも夢がきちんと潜んでいることを冬目景は知っている。夜折子の過去も、下手に煽らないのがいい。変な話、コロナ禍においてライブハウスで音楽を聴くことがままならない現在、磨音達が小さなステージに立ち、客から歓声を受ける場面は夢のようで、まるで遠い過去のように思える。(つづく)2020/07/26

こむこむ

11
次号で最終回らしいので再読。黒髪ロングストレートの子も良いけど、表紙のマオちゃんの性格とかすごく良い。音楽が好きな仲間ってなんか良いなぁ。2021/05/03

ソラ

11
【再読】参加を断っていた夜祈子がボーカルとして参加。バンドの飛躍の予兆があるけれど、なんとなく危うさもはらみつつ2020/08/09

ソラ

9
参加を断っていた夜祈子がボーカルとして参加。バンドの飛躍の予兆があるけれど、なんとなく危うさもはらみつつ。2020/07/25

leo18

5
相変わらずこの雰囲気好きだな。順調にステップアップしてるように見えるが。2020/07/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16162770

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす