空電の姫君(3)

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader

空電の姫君(3)

  • 著者名:冬目景【著】
  • 価格 ¥682(本体¥620)
  • 講談社(2021/05発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065233337

ファイル: /

内容説明

超絶ギターテクを持つ女子高生・保坂磨音(ほさか まお)の親友・支倉夜祈子(はせくら よきこ)がボーカルとして加入し、4人体制となった新生「アルタゴ」。素晴らしい歌声はもとより、“華”もある夜祈子が一躍脚光を浴びることで、着実に人気バンドへの階段をのぼっていく。だが、順風満帆な毎日の中で、磨音の胸には“小さなノイズ”が鳴り始めていたのだった――。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐうぐう

23
「音楽は舞台装置で女の子二人の友情みたいなものが描きたいなあと思ったんですが」とあとがきで冬目景は書くが、確かにロックバンドのサクセスストーリーとしてはこれからというところで『空電の姫君』は終わる。「忘れないことね 十代の頃の女友達は青春をサヴァイブした同士だから それは一生モンよ」と夜折子の祖母の言葉が象徴するように、青春も少女という時代も、バンドに比べればとても短いのかも知れない。けれど、そこで生まれた感情や関係は「一生モン」なのだ。だから、青春の、少女の、描かれざるその先を読者は想像できる。2021/06/12

どんぐり@今日もいい日だっ

18
この作品を潔い終わり方と読むか、やりやがった冬目景の終わり方!と読むか。イエスタデーのように考え抜かれた美しいの一言に尽きる作品がある中、大人の事情か、作家の情熱でぶった切られる作品も冬目作品群にはあるわけで。ん-作品としては良かったが、冬目作品群としての良しあしは分からん。2021/05/29

12
まあ、彗星のように現れて、頂点を極め、なんてのは作者らしくないとは思っていたが、思ったよりも結構早く終わった。初ライブからCDデビューの間に深くて長い河があるのがフツーで、それを飛び越えちゃったら、大急ぎで撤収しないと「伝説のバンド」という渦から逃れられないと見たんだろうなあ。それだけに、唐突だけど決して尻切れトンボじゃない畳み方だった。何時か夜祈子が帰ってきて、一夜限りの…と妄想しつつ読み返すのもよし。2021/05/25

ブラフ

10
【完結】なんでだよ!?面白くなってきたとこじゃん!ここからじゃん!もー!もー!!>< アルタゴが3ピースで高瀬Vo.でメジャーデビューしても良いし、何年後かにマオとヨキコが再会して本格的なガールズバンドやっても良いし(こないだマツコの知らない世界のガールズバンド回見たからw)、これからもっと面白くなりそうだったのに!冬目先生、今作もお疲れ様でした!今作も大好きです♪2021/07/08

毎日が日曜日

8
好きだったのに終わってしまった。2021/05/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17783077

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす