完本 人形佐七捕物帳 四

個数:1
紙書籍版価格 ¥4,950
  • Kinoppy

完本 人形佐七捕物帳 四

  • 著者名:横溝正史【著者】
  • 価格 ¥3,300(本体¥3,000)
  • 春陽堂書店(2020/07発売)
  • ポイント 30pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784394190134

ファイル: /

内容説明

横溝正史が愛惜をもって描いた時代劇調ミステリシリーズ―江戸を舞台に、人形のような色男である佐七が繰り広げる推理劇

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

57
全集第四巻。個人的に本巻に収録されている作品は粒ぞろいだと思う。白眉は何といっても「百物語の夜」。トリックは一見してあの作品の本歌取りとわかるのだが、それと百物語という怪奇趣味、怪談めいたもう一つのトリックを組み合わせる事で忘れがたい印象を残すことに成功している。他にも俳句を暗号として使う江戸趣味横溢した「お玉が池」や、サイコめいた怪人が縦横に活躍する「ほおずき大尽」等、名作が目白押し。佐七が上様の御前で大活躍する「鼓狂言」もまたいいな。推理と活劇と人情が上手くマッチした捕物帳、今回も楽しめました。2021/04/15

くさてる

16
人形のようにいい男だから「人形佐七」。何回も書きますが、わたしはこの由来が気に入っているのです。そんないい男の佐七が、江戸に起こる難事件や不思議な事件を解決していく捕物帳。今巻も、安定の内容で面白く読みました。そこは横溝なので、エロもグロも、なんともいえないえぐみもあるのだけど、陰惨さはなくて、後味が良いのです。なんと上様の依頼で大奥に入り込む「鼓狂言」はじつに楽しかった。2021/08/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16030031

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。