補巻 媒体別妖怪画報集 水木しげる漫画大全集(4)

個数:1
紙書籍版価格 ¥6,050
  • Kinoppy
  • Reader

補巻 媒体別妖怪画報集 水木しげる漫画大全集(4)

  • 著者名:水木しげる【著】
  • 価格 ¥6,050(本体¥5,500)
  • 講談社(2020/03発売)
  • ポイント 55pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065107898

ファイル: /

内容説明

「水木しげる漫画大全集」より、特別本“補巻”の第4弾!
画集、図鑑を経て、さらに進化を遂げた妖怪エンサイクロペディアの決定版! 緻密な妖怪画と重厚な物語で人気を博した、東京堂出版の「事典シリーズ」全6巻の初出妖怪画を全て収録するほか、「水木しげる幻獣事典」など、読み物としても充実した妖怪画報を集成。
<収録内容>
「水木しげるの妖怪事典」
「水木しげるの続・妖怪事典」
「水木しげるのあの世の事典」
「水木しげるの世界妖怪事典」
「水木しげるの続・世界妖怪事典」
「水木しげるの中国妖怪事典」
「水木しげる幻獣事典」
「霊界アドベンチャー 日本幽霊話」
「妖怪おもしろ大図解」
(各初出イラスト・妖怪画)
★解説「水木の世界」マイケル・ディラン・フォスター(民俗学者)
※“補巻”は「水木しげる漫画大全集」の追加企画です。全集の全巻購入をお申し込みいただいていてもこちらは含まれておりません。
妖怪、民間信仰の神仏、世界の精霊を、初出にこだわって収録。妖怪の名前や解説、デザインなど、極力発表された当時のままに再現してお届けします。今では幻となった妖怪画も多数収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐうぐう

28
水木しげるは、妖怪画を描く理由を問われ「目に見えない存在が、描かなくてはいけない気持ちにさせる」と答えた。つまり、目に見えないものの存在を信じるという、水木の強い意志がそこからは感じられるのだ。ゆえに、水木の描く妖怪達は、とても明確であり、鮮明だ。迷いがない。感じろ、信じろ、目に見えている世界だけがすべてではない。水木しげるの妖怪画は、私達にそう訴えかけてくる。2018/03/10

大臣ぐサン

1
東京堂出版発行の事典シリーズを中心に収録。600ページ超の大ボリューム!東京堂出版の『妖怪事典』は、私にとって幼少期に貪り読んだとても思い入れの深い本で、今でも当時のまま所有している。『あの世の事典』はとにかく恐ろしくて、長いこと本を開くことができなかったものだ。2018/11/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12649417

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。