福永武彦 電子全集<br> 福永武彦 電子全集18 『死の島』、ロマンの完結。

個数:1
  • Kinoppy
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

福永武彦 電子全集
福永武彦 電子全集18 『死の島』、ロマンの完結。

  • 著者名:福永武彦【著】
  • 価格 ¥2,750(本体¥2,500)
  • 特価 ¥1,925(本体¥1,750)
  • 小学館(2020/01発売)
  • 夏はすぐそこ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~6/20)
  • ポイント 425pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

福永文学の集大成・長篇『死の島』と、その原型ともいえる短篇「カロンの艀」。晩年の「海からの聲」「山のちから」を収録。

雑誌「文藝」に1966年1月から1971年8月まで、断続的に計56回連載された超大作『死の島』。
初出版は、雑誌連載原稿を底本とし、単行本で削除された「幕合の口上」や「梗概」も完全収録。
ベックリンの絵とシベリウスの曲から示唆を受け、4人の主要登場人物が複層的に絡み合い、カットバック的に時間が交差し、3つの結末をもつという複雑な構成を持つ『死の島』は1972年、第4回日本文学大賞を受賞した福永武彦の集大成ともいえる作品。
関連して「死の島」ノオトやインタビュー記事等に加え、1953年に記された「死の島」その原型ともいえる短篇「カロンの艀」(単行本未収録作品)と、『死の島』に言及した篠田一士氏と菅野昭正氏との対談も併録する。

さらに福永晩年の小説作品として、あえて旧字旧かなで記された「海からの聲」と、遺稿となった作品「山のちから」の未定稿と決定稿2種を収録する。

附録として、『死の島』の本文主要異同表と章題異同表、『死の島』、「山のちから」の創作ノート、1952年に認めた自筆手帖等を収録している。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数20件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす