マイナビ出版ファン文庫<br> 家政夫くんは名探偵! ~冬の謎解きと大掃除~

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

マイナビ出版ファン文庫
家政夫くんは名探偵! ~冬の謎解きと大掃除~

  • 著者名:楠谷佑【著】/スオウ【カバーイラスト】
  • 価格 ¥748(本体¥680)
  • マイナビ出版(2019/12発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784839969189

ファイル: /

内容説明

秋も深まり空気が乾き始めたころ恩海警察署の刑事課はとある事件で大忙しだった。
刑事の怜も疲労が限界に達していた。
忙しい日が続いていたある非番の日に、なじみの家政夫の光弥を呼ぼうと考えるが……

掃除・洗濯・謎解きなんでもこなす優秀な家政夫とお疲れ刑事の二人が難事件を綺麗に解決する。
待望の家政夫ミステリー第二弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あい

10
知り合いに事件が起こりすぎで、本格ミステリーではないけれど、事件の底にある危うさは誰もが持っているもののような気がします。少しずつ心を許していく二人が微笑ましいです。続きが出ますように。2020/12/12

sugar&salt

9
シリーズ2作目で怜さんと光弥の距離感が少し近づいたり、2人の親友が登場したり。2人とも辛い過去があって、どちらの親友も辛い時期に寄り添ってくれていたんだなと。怜さん、刑事なのに鈍すぎない?って思うところもあったけど…ミスリードにまんまと引っかかった私が言うことではないか(笑)2020/06/30

紅羽

5
シリーズ二作目。今回は秋から大晦日にかけての三作品。「放火魔と少年の問題」連続放火魔と人間の心の闇が浮き彫りになる一作目。怜の年齢を知った光弥の反応が色々窺えて楽しい。「出現する屍の問題」移動した遺体の謎。二転三転する真相を推理するのが楽しい二作目。ここから二人のプライベートな交友関係にスポットが当たり光弥の愉快な友人、蘭馬はレギュラー化するのか気になるところ。「聖夜の殺意と友情の問題」ヘビーな事情を抱える怜の友人の顛末が切ない。遺族と加害者の距離感について考えさせられます。2020/05/27

たかね

3
作者の会心の作(第1章)にイマイチ納得が出来なかったが第2章と第3章は良かったのではなかろうか。家政夫くん目線が入ってくることで視野が広がってわかりやすくなってるのかもしれない。それにしても短期間に事件起こりすぎだし警察が全然自力で解決に至りそうもなくて心配になる世界である。刑事さんたちもっと頑張って。2021/05/27

RIN

3
今回も中々痛々しい事件の連続。この街の治安が心配になるレベルで殺人事件が発生してます。特に第三章はちょっと酷だなと思える事件。怜君はもうお祓いとか行った方が良いような気がします。作者様は何故こんなにも主人公二人に圧をかけるのか。不憫です。個人的に好きなのは第二章。悪趣味な事件ですが、こういうブラックさをあっけらかんとユーモアに変えちゃう海外の古典ミステリの様で面白かった。にしても蘭馬君、世代のせいで二分の一したくなるな。2021/01/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14751990

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす