ルポルタージュ‐追悼記事‐(3)

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • Reader

ルポルタージュ‐追悼記事‐(3)

  • 著者名:売野機子【著】
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • 講談社(2019/09発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065170519

ファイル: /

内容説明

2034年の日本。マッチングシステムが発達し、恋愛を“飛ばし”た合理的な結婚が一般化している。新聞社で働く社会部記者・青枝聖(あおえひじり)は、時代の象徴である「非・恋愛系」シェアハウスで起きたテロ被害者の追悼記事を書きながら、自身は時代遅れの恋に落ちていた。そして、容疑者がついに語りだす――そのシェアハウスで事件を起こした動機とは。新聞記者である主人公と、容疑者を支援していた者。恋愛の要らない時代にあえて2人になると決めたカップル。恋は人生の邪魔になるのか、それとも助けになるのだろうか。

新時代を予見した話題作、ついに完結。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

shikada

14
一気読み。読んでよかったと、じわりと思える漫画だった。恋愛がマイノリティになった近未来で、記者である主人公は、シェアハウスを襲撃した被害者のルポルタージュを書く。同時に、加害者である犯人の動機や過去も掘り下げられていく。恋と愛のあり方、そして報道のあり方を一つの切り口として示している。取材そのものが遺族感情を逆なでしたり、ルポ記事が生存者に罪悪感を覚えさせたり、良くも悪くも報道の影響力は大きい。感情を押し殺すことでその難しさに対処していた主人公が、最後には乗り越えるシーンは良かった。2021/03/01

空のかなた

11
ルポルタージュ、のシリーズ完結。これはやはり絵と表情の力とストーリーの構成力、独特の世界観が相まって名作だと思う。なかなか目立たないけれど、読み継がれてほしい。2020/11/12

毎日が日曜日

10
★★★★ 恋愛をして結婚をするのと、条件が揃っている人と結婚をするのがどっちが幸せではなく、お互いに信頼や信用、共感があるのが大事なのかもしれな。2019/09/22

むきめい(規制)

4
こういう名作が埋もれていくのは残念で仕方ないですね。テンポが非常によくておもしろかったです。2020/03/19

ささやか@ケチャップマン

4
幻冬舎の3巻とあわせて計6巻で完結。この巻の綺羅一星が悼む場面は涙がでるほど感動した。もう少し続いてほしかったなと思う。京アニの実名報道問題やらの時、私はこの作品が思い浮かんだ。全体として、新時代を予見した、というあおりはあながち間違っていなかったようにも思える。2019/09/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14420074

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす